人気ブログランキング |

タグ:海外旅行 ( 103 ) タグの人気記事

熱中症対策のお茶



TV番組で熱中症対策に良いお茶をあげていました

ミネラル分を含んだ、麦茶・黒豆茶・コーン茶

ポカリスウェットやアクエリアスも良いのですが、甘味料が入っているので
大量に飲むのは良くないですからね



e0177271_09413157.jpg



我家は年中、黒豆茶入り麦茶・そば茶・はと麦茶・煎茶を温冷ともに飲んでいます

ペットボトルの日本茶はあまり美味しい気がしないので、冷煎茶用のパック茶か
普通に茶葉から淹れて冷やします


カルディで久々にコーン茶を買いました

くせの無い麦茶のようなお茶です



e0177271_09414444.jpg



猛暑続きで、家に居ても外出先でも水分補給

余分な塩分を調節してくれるのが、スイカ・胡瓜・瓜・メロンなどのカリウムを
含む食品で、夏が旬の野菜や果物
昔からちゃんと理に適った生活をしていたんですね



夏になると出してくるキャンドル立ては、昔マレーシアで購入しました

他に半円形のものや大中小とサイズがあり、柄も豊富でした

クアラルンプールのセントラルマーケットで見つけ、値切り交渉は夫に頼み、
キャンドルをおまけしてもらいました

夫はガツガツしていなくてソフトなので、女性スタッフ受けが良いのです(笑)



e0177271_09415310.jpg


e0177271_22052227.png

更新を通知する



by pintaro23 | 2019-08-07 05:55 | 日々の暮らし

東フランスのオーベルジュで素敵ランチ


東フランスの小さな村 ル・ピュイ アンヴレイを散策した後は、近くの
素敵なオーベルジュ Le Moulin Barette のレストランでランチ

12月だったので花はありませんでしたが、春~秋なら緑や花々が
綺麗だったでしょう

2階が客室、1階がロビー・レストラン・厨房になっているようです



e0177271_07431620.jpg


色は違うけれど、ジヴェルニーにある「モネの家」にちょっと似ているような気がしました


・魚のテリーヌ

白身魚とサーモンかな? ハーブがほのかに香り、ふんわりしていて美味でした


e0177271_07424204.jpg



ナプキンがへちまカラーのシャツ状にセットされていて、とてもお洒落でした

私はパインジュース、夫は赤ワイン



e0177271_07425987.jpg



・ビーフシチュー

柔らかく煮込んであり、ガル二のポテトもセルクル仕立てになっていて、
こちらのお食事がこの旅で一番美味しかったです


e0177271_07444038.jpg



・アイススフラン

刻んだドライフルーツ入りの軽い食感のアイスクリーム

アングレーズソースも手が込んでいます


e0177271_07422118.jpg


付近は畑が続く田舎で、こんなに素敵なオーベルジュがあるとは意外でした



e0177271_07433056.jpg





e0177271_22052227.png

更新を通知する


by pintaro23 | 2019-04-25 17:30 | 海外

奇岩に立つ聖母像のある小さな村  ルピュイアンヴレイ


世界遺産 サンティアゴ・デ・コンポステーラへの巡礼の道の起点になっている
フランスの美しい村 ルピュイアンヴレイ

コルネイユ岩の頂上にノートルダム・ド・フランス(聖母像)が立っています


e0177271_15471130.jpg


82mの岩の上に立っており、下から見上げて撮影しました


2つの教会が乗る岩は火山の名残りだそうです



e0177271_17055292.jpg


村の全景はドローンからの撮影でもない限り写せず、チケット売り場付近に
あったパネルで解ります



e0177271_15463772.jpg



ノートルダム・デュ・ビュイ教会のファサード

スペインのメスキータに似ています



e0177271_15465072.jpg



中は薄暗いロマネスク

人口の少ない村なのか、礼拝者も殆どいませんでした



e0177271_15470096.jpg



8年前、スペイン側からサンティエゴ・デ・コンポステーラに行ったことがありましたが、

この小さな村がその巡礼の道の起点になっていると初めて知りました




石畳と坂が続く小さな村でした


e0177271_17062211.jpg


e0177271_22052227.png

更新を通知する



by pintaro23 | 2019-03-22 17:55 | 海外

東フランス旅行 お買い物編


1年3ヵ月前のフランス東部旅行の記事が未だ完結しておらず、ルピュイアンヴレイ
やディジョンの宮殿等が残っていますが、お買い物編を先に記しておきます

この旅行では観光と撮影に忙しく、テーブルウェアや衣類は全く買わず
お土産と自宅用に食品ばかりをササッと買いました



e0177271_18031659.jpg



コルマールの旧市街で買ったマカロン(右端)

アルザス地方のマカロンはソフトクッキーのような感じで、クリームを挟むこともなく
素朴なお菓子でした




他のお菓子類はコルマールやストラスブールのスーパー モノプリで買いました

輸入食品を扱う成城石井やジュピターでも売っていますが、やはり本国で
買う方がかなり安価です



e0177271_18110664.jpg



夫が会社用に買うのはいつもチョコレートで、リンツのアソートチョコを買っていました
個数が多いので、かなりの大きさでした

リンツはスイスのメーカーですが、欧州ではよく見かける美味しいチョコレートです


カカオ70%チョコは自宅用
これも日本だと560~600円位しますが、確か200円しなかったように記憶しています



e0177271_18034383.jpg



ディジョンで買ったFallotのマスタード色々

一般的なマスタードだけでなく、ビーツやレモン、パプリカ、香草入り等々
20種類近くのマスタードがありました


ディジョンはマスタードの産地で、日本でもおなじみのMAILLもこちらに
大きな店舗があります

Fallotのマスタードの方がビネガーが少なくマイルドな感じがします


栗製品も豊富でした

モノプリで見つけた大瓶入りの甘露煮
日本で売っている物より小ぶりの栗でした

リヨンのクリスマスマーケットにも栗製品のお店が出ていて、ケーキ用に
マロンクリームやペーストを買いました

おまけにチューブ入りのマロンクリームを貰いました



e0177271_18112092.jpg



昨年のヴァレンタインデー前にアップしたファブリス・ジロットのチョコレートは、
ディジョンで買いました

東京に店舗があるようですが、関税の関係か日本で買うと約3倍のお値段のようです



e0177271_18030258.jpg




コンパクトなBoxにこれだけ沢山入ります



e0177271_18040224.jpg



モノプリでエシレバターを買いたかったのですが、ホテルの部屋には冷蔵庫が無く
暖房で溶けてしまうと困るのであきらめました

日本では高価なエシレバターや発酵バターも現地では嘘のように安く、
多数の保冷剤と保冷袋を持って行き買う気満々でしたが・・・

それだけが心残りでした(笑)


e0177271_22052227.png

更新を通知する



農薬・肥料一切不使用!究極の安心・安全!木村式自然栽培米『ナチュラル朝日』富士産業株式会社



by pintaro23 | 2019-03-20 18:07 | 海外

雪の中を行く ショパンの生家


ポーランドと言えばショパン

ワルシャワから車で約1時間の村 ジェラゾヴァ・ヴォラでショパンは生まれました

生家は焼失してしまい、世界的に有名になったショパンの為に
後々復元され、『ショパンの生家』として博物館になっています



e0177271_08034579.jpg



チケットを買い、林の中の雪道を行くと平屋建ての家に到着

この辺り全体が公園になっています

行く途中、雪が降り続き道路の両サイドは一面の銀世界でした




e0177271_08051426.jpg



楽譜や手紙、出生証明書などが展示されていました

このピアノは当時のものではないそうです



e0177271_08041632.jpg



フランス人の父とポーランド人の母の間に生まれたショパンは、生後7ヶ月の時
ワルシャワに移り20歳までを過ごし、その後ウィーンに渡り活躍の場を広げました



e0177271_08044510.jpg



綺麗な顔立ちをしているショパン

ご両親や姉妹も美人だったようです



e0177271_08045702.jpg



1万㎡もの敷地には、1万本を超える植物が世界各国から贈られ、
小川が流れる憩いの公園になっています

日本からは桜の樹が贈られたそうです

日本では見かけないような松もあり、細長い松ぼっくりが・・・



夏季限定でピアノコンサートが行われ、
屋外のベンチでその音色を愉しめるそうです




e0177271_08040304.jpg



ウィーンからパリに移り恋愛しますが、悲恋に終わり
ショパンは生涯独身だったのです

39歳という若さでパリにて永眠



e0177271_08042772.jpg



e0177271_22052227.png

更新を通知する



by pintaro23 | 2019-02-20 17:51 | 海外

E.Wedelのチョコレート @ポーランド


今年もデパートではヴァレンタイン商戦が白熱していますね

もう、おばさんには本命チョコも義理チョコも関係ナシですが、
ポーランドで買ってきた老舗 Wedel(ヴェデル)のチョコレートのお話を少し・・・



e0177271_13550102.jpg



今回も復路の空港でGODIVAのチョコレートがセールになっていたら買おうと
思っていました

が、私の好きなプラリネチョコ(中にクリームやナッツが入っている)やトリュフチョコ
でセールになっている物がなく、リンツのプラリネチョコを買いました


ポーランドの古都クラクフに行った時、有名なチョコレート屋さん Wedel があると
グループの方から聞き、行ってみました




e0177271_13553883.jpg



クラシックなファサードを入るとすぐにプラリネチョコのショーケースがあり、
お値段を尋ねてみると意外に安価でした

1個 約100円

今年はデパート出店が無いようですが、このお店を教えてくれた方によると
日本でたまに売られているのは約3倍のお値段らしいです


一番小さい箱に入れて貰うことにし、迷うほどある中から夫婦各6個ずつ選びました



e0177271_14005044.jpg



生チョコ以外にも既に箱詰めされたものや子供用のチョコ、クリスマスプレゼント用のもの、
スーパーで売られているような板チョコも沢山ありました


奥には明るく広いカフェがあり、ティーブレイクしました
その様子は、また後日・・・



e0177271_14005958.jpg



海外ではヴァレンタインデーの時だけでなく、普段からチョコレートを
プレゼントするみたいで、クリスマスプレゼントにもよく使われるようです




e0177271_13551427.jpg



ヘーゼルナッツ&ピスタチオクリーム、ラズベリークリーム

ハートのチョコは中が二層になっていました


チョコレート作りは温度管理が難しく、繊細な技術が必要なので高価なのが頷けます



e0177271_13552824.jpg


e0177271_22052227.png

更新を通知する


by pintaro23 | 2019-02-06 17:00 | 海外

ワルシャワで見つけた可愛いモノ・素敵なモノ


ワルシャワ市内の中央広場付近には、たくさんのお店が軒を連ね
ショーウィンドーを見るだけでもワクワクしてきます

市内観光中なのでグループから離れないよう、ササーッと見てはシャッターを押しました



e0177271_16005994.jpg


ポーランドの民族衣装を着た人形
カラフルな衣装をまとっています

ブルガリア、ルーマニア、ハンガリーなどの民族衣装と似ている感じ



e0177271_16000464.jpg


↓前回の記事でご紹介したポーリッシュポタリーの店先には、巨大ティーポット



e0177271_16004945.jpg


クリスマス前だったので、サンタクロースや天使の人形がたくさん



e0177271_16010845.jpg


小学校低学年かな?

かわいい子供達が世界遺産の街を歩いて、どこかに行くようです




e0177271_16002750.jpg


こちらは木製のオブジェや人形のお店のようでした

表情が・・・暗い?



e0177271_16003998.jpg


クリスマスツリーに飾るボールを売るお店

入ってみたかったけれど・・・もう、増やさないと決めているので、
欲しくなると困るのでやめました



e0177271_15595514.jpg


ピアノを弾くショパン

ピアノの上には、何故かバレリーナ




e0177271_16001665.jpg


ポーランドは世界有数の琥珀の生産地で、バルト海に面したグダンスクという街が有名だそうです

日本で買う1/2~1/3で買えるそうですが、安いものはプラスチック製の偽物だったりするので
注意した方が良いそうです



e0177271_16011609.jpg


この列は小学校中学年のようでした


欧州に行っていつも思うのは、
時空を越えて・・・何百年~千年もの歴史が残る街を普段の生活の場として暮らせる、
毎日見られる、触れることができるということの羨ましさです



e0177271_22052227.png

にほんブログ村テーマ 海外旅行記へ
海外旅行記
にほんブログ村テーマ 写真旅行へ
写真旅行
by pintaro23 | 2019-01-21 17:34 | 海外

ポーランド食器でティータイム


ポーランドで買った食器でお茶時間

ドイツに近いポーランド南西部のボレストランワヴィエツ周辺で作られる
ポーリッシュポタリ―



e0177271_09243890.jpg


約2000種の豊富なフォルムやデザインがあり、電子レンジ・オーブン・食洗器OKです

柄のパターンも2000以上あり、有名な6社が各々の器を作っているそうです


私が買ったのは、ザクワディ・ツェラミチネ・ボレスワヴィエツ社のものです



e0177271_09241667.jpg


昨年の大地震でスペインで買ってきた絵皿が割れてしまったので、代わりのモノを
買うべく探しました

花柄や多色使いのものもありましたが、比較的シンプルな柄にしました

選んだのは、ブルーベリー?柄のスクエア皿と夫のマグカップ

私のマグカップは今使っているモノで満足しているので、買いませんでした



e0177271_11210717.jpg


チョコレートはポーランドの老舗 E. Wedel のもの

ヴァレンタインデー近くになったら、詳しくアップします


e0177271_22052227.png



にほんブログ村テーマ オシャレな食器・キッチン雑貨へ
オシャレな食器・キッチン雑貨
by pintaro23 | 2019-01-19 17:30 | 海外

ワルシャワ 白銀のワジェンキ公園


ショパンの故郷ワルシャワにある広大なワジェンキ公園

18世紀に30年の歳月をかけ、造園されたそうです

この日はほぼ終日曇天で朝の気温は零下、どの写真もまるで白黒写真のようです(笑)



e0177271_10212180.jpg



5-9月の日曜日にはショパンコンサートが行われるそうです

ショパン像の後ろには州木の柳が覆いかかるように立っています

柳と言えば、もっと細い枝で風に身を任せるように揺れるイメージがありますが、
ここでは太い幹&力強い感じですね




e0177271_10213644.jpg



公園内には有料の植物園があり、落葉した樹々と降り積もった雪がどこまでも続きます

大変立派な宮殿もありました
時間の関係で入場しませんでしたが、絢爛豪華な内装や調度品があるようです


水鳥が沢山泳いでおり、寒いのに孔雀が1羽優雅に歩いていました




e0177271_10221104.jpg



樹々の間からするするっとリス君が登場

野生のリスを見るのは初めてです

しっぽの毛がふさふさで可愛い~

近づきそうで近づかない・・・木に上っていきました



e0177271_10291968.jpg



何匹かいて、木の上の方から出てきました

体は保護色のように木の茶色とツタの深緑が入り混じったような色




e0177271_10292911.jpg



ギリシャ・ローマ風の野外劇場もあり、季節の良い時期にはここでも上演されるそうです


何故かハンガリー人のリストの銅像もありました



e0177271_10215497.jpg



公園内や市街地の歩道には、大理石に地図が刻まれた板があり、
(現在地を含む付近図)ボタンを押すとショパンの曲が流れます


今回行ったのは、こちらの公園だけですが、ワルシャワの街には多くの公園がありました

季節柄イルミネーションで彩られていたり、人々の散歩コース、憩いの場となる公園も
優雅な雰囲気でした



e0177271_14102069.jpg


ポーランド旅行記は、年明けからまた続けます



e0177271_22052227.png


by pintaro23 | 2018-12-28 17:03 | 海外

クリスマスシーズンのポーランド


12月17日~23日 クリスマスシーズンのポーランドに行ってきました

関空 ⇒(10時間15分)✈フィンランド ヘルシンキ ⇒(75分)✈ポーランド ワルシャワ

現地は-4℃~1℃という寒さで、白銀の世界

気温が上がらないので人や車の往来が無い所は雪が溶けることは無く、
雪もきめが細かくサラサラ



e0177271_11541865.jpg


古都クラクフ 中央広場のクリスマスマーケット

白い馬車が列を成して客待ち



e0177271_11330990.jpg


中世の面影を残す街の辻にはブルーのクリスマス飾りを模したキラキラが
とてもお洒落でした



e0177271_11331665.jpg


ヴィエリチカの世界遺産 ヴィエリチカ岩塩坑にも行きました

岩塩でできた大きなシャンデリアのある礼拝堂




e0177271_11334152.jpg


首都ワルシャワの公園にあるショパン像

季節が良い時期には、右の台にピアノが置かれコンサートがあるらしい

前方の噴水は当然出ておらず、多数の観客席ベンチは積もった雪で白くなっていました




e0177271_11333282.jpg


貴婦人も夜にはライトアップされるのでしょうね



e0177271_11332448.jpg


大きな池も部分的に凍っていて、水鳥が氷の無い部分群れていました


日本でなら、こんな雪の降る日は家でジーッとしているのに
遊びだと嬉しさ半分で平気なのが不思議です(笑)

ヒートテック・タイツ・カイロを幾つも貼り・・・意外と大丈夫でした




e0177271_11330074.jpg


ワルシャワの王宮

ここから旧市街になり、中には小さなクリスマスマーケットがありました



e0177271_11325166.jpg


16時には日が暮れ、街中がライトアップされて上品にキラキラ


ワルシャワの街は歩道幅が広く、歩道にも趣向を凝らしたイルミネーションが
あったり、各道路にも様々なイルミネーションが綺麗でした



e0177271_11543088.jpg


未だ昨冬のフランス東部周遊記も完結していませんが、ポーランドの
クリスマス編を先に綴ります



e0177271_17175703.gif


ヘルシンキからの帰国便が雪の影響で6時間遅れ、昨夜帰国しました
帰国後の食事 我家は握り寿司&うどんが定番です
クリスマスイヴは地味~に、握り寿司&きつねうどんです(笑)


✨✨✨ With best wishes for Merry Christmas. ✨✨✨



e0177271_22052227.png


by pintaro23 | 2018-12-24 17:30 | 海外 | Comments(6)


☆★☆日々の暮らしを心地よく愉しむために☆★☆     Aim for elegant and sensible living


by Sabio

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

カテゴリ

全体
ごあいさつ
日々の暮らし
私の台所
私のお菓子
おもてなし


習い事
いただきもの
海外
お気に入り
フィギュアスケート
大阪
神戸 阪神間
京都
奈良
和歌山
三重
信州
おでかけ
その他
SABIOのアトリエ

以前の記事

2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
more...

メモ帳

* リンクフリーです *





SABIOのアトリエ
レッスンのお問い合わせは、こちらからお願い致します☆☆☆ 



エキサイトブログCAFEに掲載して頂いています

新生姜の甘酢漬け

夏野菜のケーク・サレ

秋刀魚の二色揚げ 吹き寄せサラダ

秋の松花堂弁当

2016年 元旦の食卓

「和」のワンプレートごはん

エキサイトブログ 編集部おすすめ記事

お節料理リメイク スウィートポテト








ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ナザレの旅行情報




このブログ内のすべての記事および画像・デザイン等の無断借用、転用は固くお断りいたします。

タグ

(293)
(236)
(176)
(132)
(127)
(103)
(80)
(76)
(58)
(47)
(43)
(42)
(40)
(35)
(31)
(29)
(23)
(22)
(18)
(17)
(17)
(15)
(13)
(11)
(10)
(8)
(8)
(4)
(1)
(1)

記事ランキング

ブログジャンル

主婦
グルメ

最新のコメント

NT-patientl..
by pintaro23 at 13:12
NT-patientl..
by pintaro23 at 06:05
ツルヤ伊那福島店! 車..
by NT-patientless at 19:45

検索

ブログパーツ

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

画像一覧