人気ブログランキング |

タグ:図書 ( 13 ) タグの人気記事

薬の話


今回の手術で、暫くの間は漢方薬を服薬しなければならなくなりました

これは、硬膜下血腫の術後の患者さんが服薬する薬として定番らしいです

過去には、抗コレステロール薬を服薬していた時期がありました

が、更年期を迎え女性ホルモンが減少すると、コレステロール値や血圧が上昇するのは自然の摂理らしく(医師や薬剤師著の本による)、なるべく薬は飲まないようにしています



e0177271_10564426.jpg



昔、半年間だけ調剤薬局の医療事務のバイトをしていたことがありました

そこで薬剤師さんから聞いた衝撃的な言葉・・・

「薬は毒と思え」

薬学部の授業で教授から言われた言葉だそうです


確かにそうですよね

副作用もあり、抗生物質を飲み続けるといざという時に効かなくなる・・・薬害もある訳ですから




便利な世の中になり、専門家でなくても疑問に思う事は殆どwebで調べ、
知ることができます

私は処方された薬を必ずwebで調べ、副作用を確認します


高血圧の薬も薦められましたが、「食事とウォーキングで改善します」と一旦拒否し、
抗コレステロール薬も今は処方されていません


医師ともインフォームドコンセントを積極的に行い、疑問に思う事は質問します

どの医師も嫌がらず、えらそうにせず、質問に答え最低限の薬にとどめて下さいます




e0177271_10565767.jpg



最近、また高血圧の正常基準値が10下がり、上は120が基準値になりました

数値が10下がると、製薬会社の売り上げが1兆円増えるそうです


更年期障害で罹っていた婦人科の老医師はとても誠実&優しい方で、
その頃私は抗コレステロール薬を処方されていました

「海外では基準値がもっと高いのに(体格や体質が違うとはいえ)、
日本ではどうして海外より低く定めているのですか?」と何気なく言うと、

「製薬会社が儲ける為や」とニヤリとして答えられました(苦笑)




e0177271_22052227.png

更新を通知する







by pintaro23 | 2019-06-30 18:43 | 日々の暮らし

退院しました



お陰様で、今日退院しました

当初の治療計画通り順調に回復しました

お見舞いのコメントをいただきましたブロガーさん、予定のキャンセル手続きをして頂いたブロガーさん、有難うございました



e0177271_09433271.jpg



緊急入院した日は運悪く、夫が長期出張中で忙しくメールを見る暇もない程で、
妹は仕事でメールを見るのが遅れ、帰宅してから留守電で知り、義妹にメールを
送ってから2時間程でやっと連絡がつく・・・という始末で、その日は手術ができず、
翌日になりました


入院した日は夜になって夫から電話があり・・・さすがにビビったようで、私の説明にいちいち「えぇぇぇ~?」と不安げな様子

私の方がしっかりしていたというか・・・「昔、父もした手術で1時間位で終わるから」
と言うとやっと落ち着いたようでした

急遽その夜、出張先から戻り翌朝の手術に間に合いました

妹と義妹、義弟も来てくれて、術後の医師からの説明も聴いてくれました




e0177271_17481624.jpg




術後は穴を開けた頭蓋骨にドレインを差し込み、髄液を抜いていたので、起き上がると
頭痛がしたり気分が悪くなりましたが、左足は以前のように動き上がるようになり
「良かった~!」と、やっと気が晴れました


翌日、ドレインが抜け縫合すると後は日に日に回復し、1週間後に抜糸、CT検査で異常なしで、手術から9日目で退院の運びとなりました


病室では読書をするかi-padをさわるか、1日2回のリハビリ、疲れると横になり、
たまにロビーに行ってTVを見る生活でした

病室のTVは見ない事にして、テレビカードも買いませんでした


丁度、図書館で予約していた昌磨君の本や雅子皇后の本、服薬することになった漢方薬の本がタイミング良く届き、夫に持って来てもらいました



夫の長期出張は先送りとなり、仕事&洗濯&病室通いに「主婦の大変さ」が解ったそうです(笑)


夫をはじめ親戚や病院スタッフ、周りの皆さんによくしてもらい、感謝しかありません


以前からずっと「健康第一」を掲げてきましたが、更に健康面に気を付けようと思います


晩秋にはついに還暦を迎える歳になり、「無理はできない年齢になった」と痛感し、
健康で普通の暮らしができる有難さを噛み締めています

暫くは家の周りだけの外出にし、ゆる~く暮らしていこうと思っています




e0177271_22052227.png

更新を通知する






by pintaro23 | 2019-06-14 18:02 | その他

「まさか」の緊急入院&手術


普段から健康には気をつけていたつもりですが、6月4日に緊急入院し、
5日に頭部の手術を受けました

その前の週に足に力が入らなくなり、
左足の筋力がかなり落ちていることに気がつきました


かかりつけ医院に行き、脳梗塞の検査を受けましたがその疑いはありませんでした

手や言語、記憶力には問題は無く、紹介された大病院で脳のMRIを撮ると
脳をおおっている硬膜に血腫ができ、出血し、それが脳を圧迫して
左足が動かなくなっていたのでした



5月3日に黒部立山アルペンルートの小高い雪でできた展望台から降りる際、
滑って仰向けに転び頭を打った時にできた血腫が徐々に出血していたと思われます


その時はすぐに立ち上がり痛みもなく、めまいや吐き気も無かったので
頭を打ったことさえ忘れていました

硬膜下血腫は、頭を打つなどの外的要因から1~2ヶ月後に出血することがあるそうです




e0177271_09432263.jpg



紹介された病院では脳外科の手術をしていないということで、更に義母が何度となく
入院したことがある大病院に入院し、手術を受けました。


昔、父も受けた手術で、頭蓋骨に穴を開けて溜まっている血を抜く1時間ほどの手術なのと脳内ではないので、悲壮感はありませんでした

部分麻酔で気が付いた時には終わっていました

不思議なくらい、上がらなかった左足が上がるようになり、手術当日から歩いています


運動能力と頭脳系のリハビリを受け、今週中に退院予定です

病室からi-padで書いており、6日と9日の記事は下書きで書き溜めていたものを
アップしました


頭脳系リハビリで出される問題は一般人にとっても難解なものもあるらしく、
頭のトレーニングには良いですが、変な汗が出るほどハードです(笑)




e0177271_22052227.png


更新を通知する



by pintaro23 | 2019-06-12 17:46 | その他

孤独から学ぶ


この週に借りた本にはたまたま「孤独」を考えさせられる2冊がありました

ベストセラーになっていた下重暁子さんの『極上の孤独』

NHKの女性トップアナウンサーだった下重さんは、フリーとなり民放キャスターを
経て文筆活動をされています

「孤独と品性は切り離せない」

理知的な下重さんは「淋しさ」と「孤独」は別物とし、孤独を愉しんでおられます



e0177271_14093886.jpg



樹木希林さんが亡くなり、生前に出版されていた書籍を含め図書館の予約も
急上昇です
樹木さんの生前の言葉を集めた『樹木希林 120の遺言』は私が予約した時点では
10番目位でしたが、今は120人待ちです


川?池?沼?に浮く樹木さんの写真

2016年、宝島社の企業広告となった新聞広告を鮮明に覚えています

英国の画家 ジョン・エヴァレット・ミレーの「オフィーリア」(右)をパロディに
したような写真だったからです

何故この絵画を覚えていたかと言うと、独身時代に行ったロンドンの
テートギャラリーでこの絵を観、感動して絵葉書まで買ったからです




e0177271_14252554.jpg



静かな森の中、川に浮かぶ美しい女性はハムレットに欺かれ、悲しみのあまり正気を
失ったオフィーリア
さまよい歩くうちに誤って川に落ち死を迎えようとしていて、目はうつろに
かろうじて浮かぶ手に力はありません


著書の中にもある「死ぬ時ぐらい 好きにさせてよ」という言葉と、この樹木さんの
パロディの写真がなんとも言えずマッチしていてシュールです


「一人でいても二人でいても、十人いたって寂しいものは寂しい。
そういうもんだと思ってる。
自分で<人>を見極める為には、一人にならなければならない。」と仰っています



ひとりで居るからと言って、孤独とは限りません

大勢の中にいても話が合わない・価値観が違い過ぎる・利害関係があるおつきあい等々
なら、ひとりの方が気楽です

50歳代から交友関係は、少数精鋭で良いと思うようになりました

私のポリシーである「日々の暮らしを心地よく愉しむために」には、
「人付き合いも心地よく」ということが含まれています



e0177271_14091750.jpg



e0177271_22052227.png


更新を通知する



by pintaro23 | 2019-04-05 18:30 | 日々の暮らし

懐かしさを感じたり、切実だったり・・・


更年期を迎えた頃から心身に色々な変化が現れるようになりました

昔はいくらでも眠れたのに、レム睡眠とノンレム睡眠の入れ替わりの時に
目が覚めてしまって眠れないことがあります

そんな時は起きて読書したり、食事の準備をしたりして過ごしています

専業主婦ゆえ、昼寝できるので深く考えないようにしています



e0177271_07560142.jpg



1月に亡くなられた兼高かおるさんの『兼高かおる 世界の旅』は、
日曜日の午前中に放送されていて、子供の頃たまに観ていました

当時はキリスト教会の日曜学校に通っていたので、たまにしか観られませんでした


1ドルが360円だった時代、海外旅行は夢の世界でした
アップダウンクイズの10問正解者へのプレゼントが「夢のハワイ」だったのです

今のように猫も杓子もが行ける時代になるとは、当時は考えられませんでした

当然、今のようなボーディングゲートは無く、タラップから乗降する様子を
「カッコイイ」と思う時代でした





e0177271_07562095.jpg



週刊新潮を借りたのは、「スーパー、コンビニで売っている食べてはいけない食品」
が実名で上がっていたからです

他にも「飲んではいけない薬」とか、「食べてはいけない外食」などが掲載される
こともありますが、写真入りで実名が上がっており、営業妨害にならないのかな?
なんて思いながら読んでいます



e0177271_22052227.png
更新を通知する


「世界のはちみつ 3本セット」 5名様にプレゼント! おとりよせネットアイランド株式会社



by pintaro23 | 2019-03-12 17:28 | 日々の暮らし

選ぶ書籍


私の生活になくてはならない図書館

買うほどではないけれど・・・でもちょっと見たい、読んでみたい

近所に本屋がなくなってからは立ち読みもできず、図書館利用でかなり助かっています

本屋さんでの万引きって意外と多いそうです
電子書籍もあり、小さな本屋さんは閉店してしまいました



e0177271_12294322.jpg



図書館のシステムも進化していて、PCに登録すると予約できたり延長できたりします

例えば、新聞広告を見て「読みたいな~」と思うと、図書館のHPにアクセスして
その本があれば【カリール】というボタンを押すと、本の装丁や目次が出ており
中には★で読者の評価や感想まで出ていたりします

それを参考に「別に借りなくてもいいか」と思う場合もあり、
急がなければ市内5ヵ所の図書館から、たとえ50人待ちでも100人待ちでも
予約しておけば、いずれ回ってきます




e0177271_12331555.jpg


借りる本の内容も歳と共に変化して、今は定年後や年金に関するもので知識を拝借
40代では全く他人事だった年金
50代になり、そろそろ気になりだし、今は切実(笑)

地震予知はできないと解っていても気になります

齋藤先生の「大人の語彙力」、以前借りたものの続編が出たみたいです



e0177271_22052227.png


by pintaro23 | 2019-01-27 17:25 | 日々の暮らし

やればできるやん


6月の大地震で被害があり、閲覧室が立ち入り禁止だった図書館が、
やっと全面オープンしました

10月から復旧工事にとりかかり、10月24日再オープン予定のところ、
1週間早く再オープン

やればできるやん ( `ー´)ノ

酷暑の夏こそ、閲覧室をオープンして欲しかった~



e0177271_06523273.jpg



10月5日のブログ「お役所仕事」に綴った通り、

特殊な書棚の発注・工事を市議会にかけ ⇒ 業者の選定 ⇒ 決定 に手間取り、
地震から4か月後にやっと再オープン

民間企業では考えられない仕事の遅さ

はぁぁぁ~(ため息)




e0177271_06530384.jpg



4ヶ月の間、webで予約し、貸し出し・返却できていたので、なんとか
読みたい本や雑誌を借りることができました

webができないお年寄りは、実際に書棚の本を見て借りておられる方も多いと思います


再オープンの日も私はwebで知りましたが、市の広報で知るか口コミで知るしか
ない方も多いのか、今でも利用者が少ないような気がします



e0177271_06525325.jpg



大人の語彙を増やすべく借りた『すぐ使いこなせる 知的な大人の語彙 1000』
TVの情報番組でコメンテーターもされている大学教授 齋藤孝氏の著書

語彙の説明だけでなく、クイズ形式になっている箇所もあり面白いです

ある友人は、齋藤先生がタイプらしい
生まれ変わったら・・・齋藤先生のような人と結婚したいらしい(笑)
穏やかで、知的で、偉ぶらない所が好きらしい  フムフム



e0177271_22052227.png


【昆布漬辛子めんたいのかば田】昆布漬辛子めんたい『斬れモノ』を5名様!株式会社かば田食品



by pintaro23 | 2018-11-02 17:36 | 日々の暮らし

お役所仕事


6月の大地震から4ヶ月が経とうとしていますが、いつも利用している図書館は
書棚や屋上に被害を受け、閲覧室に入れない状態が続いていました

予約票&PCで予約&返却はできるので週1は通っていますが、中に入れないので
入口でやり取りするだけで、猛暑の頃は特に辛かった~

PCで検索できる人は良いが、できない人は予約もできない状態でした




e0177271_09310829.jpg



いつまで経っても工事に取り掛かっていない様子を見て、
「いつになったら、工事に取り掛かるんだろう?」「中に入れるのはいつなんだろう?」
と気をもんでいました


先日、期待せずに行ったら・・・

やっと工事に取り掛かっていました


スタッフさんと立ち話

「被害を受けた近隣の市は、大地震から1ヵ月後には機能していましたよ」
「1週間くらい閉館しても良いから、集中的に修復工事をすれば良いのに・・・」
「遅すぎるので、市に投書しようかと思ったくらいです」と言うと、

「そうなんです。本当にお役所仕事で、市議会にかけて議案を通すのに時間がかかり、
工事業者の選定に時間がかかり・・・・市民の皆さんにご迷惑をおかけしています。」と
謝っておられました




e0177271_09293289.jpg



図書館の本棚は特注で、正常機能を取り戻すのは今月20日過ぎらしい

まぁ、とにかく良かった~



e0177271_22052227.png


by pintaro23 | 2018-10-05 18:41 | 日々の暮らし

大地震から1ヶ月



6月18日に起きた震度6弱の地震から1ヶ月経ちました

我家は既に元の生活に戻っていますが、
未だ避難所で過ごす方もおられ、屋根瓦が落ちてブルーシートで覆われた戸建てがあります

近所の戸建ては被害が少ない方ですが、電車の窓からはブルーシートが多い地域が
見受けられます


地震前に買って冷蔵庫に入れていたゼリー菓子を忘れていて、賞味期限ギリで
おやつに食べる(笑)



e0177271_12001457.jpg




週に1度は通っている図書館も書棚や屋上に被害があり、閲覧室は立ち入り禁止

全ての書棚を入れ替えるとのことで、再開は2ヵ月後だとか・・・

非常に困ります(泣)

予約と返却はできるので、《 PCから予約した本を取りに行き、返却する 》というのはできますが、
猛暑のこの時期、図書館は静かでアカデミックで涼しい最適な場所なのです

「サンデー毎日」・・・定年後のオヤジ族にとっては、普段から御用達の場所

受験生、学生、私にとってもです




e0177271_12002858.jpg



今日は不燃ゴミ回収の日でした
凄い数の食器の割物や家財道具の数々

我家も地震保険金が入金されたので、証拠になる現物をやっと捨てました
地震の2週間後に調査に来られ、破損物の実視&撮影
私達が地震直後に撮影した写真も送付しました


我家に来られた調査員の方は「少しでも破損のポイント数がとれるようにしますから」
と好意的で助かりました

地震保険を掛けていても査定でポイントが足らず、0円という場合があるようです
あるブロガーさんは、プロカント(骨董ほど年数は経っていないが、古いモノ)の置き物が
多数割れてしまったのに、他のポイント数が達しなかったのか、査定0円だったそうです

マイセンの1枚1万円の皿が割れても、100円ショップの皿1枚が割れても査定は同じです
1枚でも100枚でも査定は同じです

100万円の骨董品が割れても、100円ショップの陶器の置き物が割れても査定は同じです

地震保険のからくり・・・また機会があれば記したいと思います




e0177271_07194353.jpg



同じ階に住む奥さんと久々に顔を合わせ、暫し地震談議

「いっぱい食器が割れたけど、古くても使っていなくても処分できないモノをこの際捨てられて良かったわ」

「主人から『捨てればいいのに』と言われても『まだ使える』と勿体なくて捨てられなかったけれど、こうなると潔く捨てられるわね」

「買えるものは又買えばいいし、怪我無く元の暮らしに戻れたのが良かったわね」

全くもって同感と頷くのでした



e0177271_22052227.png



by pintaro23 | 2018-07-20 17:34 | 日々の暮らし

迎春準備


今年も押し詰まり、スケジュールを立てて迎春準備にとりかかり中です

一年経つのが本当に早いです

昔は一日に幾つものことをこなせたけれど、
昨今は気力の衰えか、必須の事や来客等の対人関係上、何が何でも
しなければならない事以外は計画通り進まないのが現状です(-_-)


e0177271_07454689.jpg


滅多に買わない雑誌を新年用と趣味用に買いました
お節料理の参考にする為とこの号には、綺麗な花のカレンダーが付いていたからです

家庭画報・婦人画報・ミセスは図書館で毎月閲覧しています

昔はよく書籍を購入していましたが、「捨てられない症候群」なので
どんどん増える書籍・雑誌はなるべく買わず、図書館利用で必要に応じて
コピーしたり写真に収めて参考にしています




e0177271_07464237.jpg


家庭画報には、宇野昌磨選手の特集とミニポスター&カードが付いていたので
思わず楽天でポチッてしまいました(笑)

私はカレンダーを買わない主義で、毎年お気に入りのピーターラビットの
カレンダーをくれる信託銀行から貰っています

リビングルームには毎年、雑誌の付録の花カレンダー


来年用に、初めてカレンダーを買いました

これも昌磨くんのだから 113.png
ポスターのような大サイズは貼らないので、卓上です

色々調べて、ヤフーショッピングサイトから安いお店を探したわ
しかも、ポイント利用で更にお安く入手
この辺が主婦根性だわね~(笑)





e0177271_07462974.jpg


11月に今季3通目のファンレター(プレゼント入り)を出しに郵便局に行ったら、
宛名を見て「昌磨君のカレンダー、ありますよ」と薦められたわ

郵便局で羽生選手とショーマのカレンダーを売っていた

今迄も何度も出しに行っていたけれど、認知度が未だ低かったのか、
ショーマに関する事を言われたのは初めて

「ショーマも全国区、有名になったね~177.png」と嬉しかった

「もう、持ってます」とちょっと誇らし気に言ってしまったわ(笑)




e0177271_07455823.jpg


さてさて、本格的な迎春準備
正月花や食材の買い出しは本日

先日の来客前に大掃除は、50%済んでいるので気が楽です(^O^)/
スケジュール通り確実に進めて、余裕を持ってお節料理作りへ



e0177271_22052227.png



by pintaro23 | 2017-12-28 07:47 | 日々の暮らし


☆★☆日々の暮らしを心地よく愉しむために☆★☆     Aim for elegant and sensible living


by Sabio

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

カテゴリ

全体
ごあいさつ
日々の暮らし
私の台所
私のお菓子
おもてなし


習い事
いただきもの
海外
お気に入り
フィギュアスケート
大阪
神戸 阪神間
京都
奈良
和歌山
三重
信州
おでかけ
その他
SABIOのアトリエ

以前の記事

2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
more...

メモ帳

* リンクフリーです *





SABIOのアトリエ
レッスンのお問い合わせは、こちらからお願い致します☆☆☆ 



エキサイトブログCAFEに掲載して頂いています

新生姜の甘酢漬け

夏野菜のケーク・サレ

秋刀魚の二色揚げ 吹き寄せサラダ

秋の松花堂弁当

2016年 元旦の食卓

「和」のワンプレートごはん

エキサイトブログ 編集部おすすめ記事

お節料理リメイク スウィートポテト








ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ナザレの旅行情報




このブログ内のすべての記事および画像・デザイン等の無断借用、転用は固くお断りいたします。

タグ

(288)
(231)
(174)
(129)
(125)
(102)
(78)
(72)
(58)
(47)
(43)
(42)
(40)
(35)
(31)
(28)
(23)
(22)
(18)
(17)
(17)
(15)
(13)
(11)
(10)
(8)
(8)
(4)
(1)

記事ランキング

ブログジャンル

主婦
グルメ

最新のコメント

NT-patientl..
by pintaro23 at 06:05
ツルヤ伊那福島店! 車..
by NT-patientless at 19:45
さんころさん コメ..
by pintaro23 at 18:35

検索

ブログパーツ

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

画像一覧