タグ:和食 ( 101 ) タグの人気記事

雨の日の新生姜しごと


ガスが復旧したので、買っていた新生姜で甘酢漬けを作りました

毎年、梅雨の時期に必ず作ります

外は雨  雨の日に何かをちまちま作るのが好きかな~

「梅しごと」ならぬ「新生姜しごと」



e0177271_07042086.jpg



レシピはいつも同じです ☟



今回は350gを漬け、あとは生姜ご飯に使います



e0177271_07033909.jpg



漬け汁が少しだけ余ったので、夕飯のもずく酢に和えて新生姜も入れました

もずくはカップ入りの酢漬けではなく、生の味付けなしのものを買っています


このガラス小鉢も2個割れてしまい、残り3個

残った食器のうち、どうしても割れては困る物は食器棚から出して、
全て段ボールに詰めて置いています


余震も少しずつ減っていますが、地震学者の中には
「今回動いた構造線と隣接する構造線が動く可能性があり、それが本震になる可能性がある」と言うので、まだ気を緩めるわけにはいきません




e0177271_07043178.jpg

e0177271_22052227.png



[PR]
by pintaro23 | 2018-06-22 16:36 | 私の台所

贅沢な梅干し


梅が店頭に並び、梅仕事の季節になりました

紀州南高梅を漬け込み熟成させた贅沢な梅干しを戴きました

桐箱に収められた 紀州梅専門店 五代庵さんの『紀州五代梅の心』



e0177271_11222110.jpg



ふっくら大粒で肉厚の梅干し

蜂蜜や本みりんを加えて漬けられており、そのままでも塩辛過ぎないので
お茶請けにもなります

でもやはり、ご飯と食べるのが美味しい~



e0177271_09573871.jpg



鰹のたたきと野菜たっぷりのヘルシーな夕飯

夫は必ずと言って良いほど、ご飯には納豆と梅干しを食べます

私は納豆のニオイがダメ、ネバネバは良いんですけどね



e0177271_09575463.jpg



酸っぱい&塩辛いのが苦手な方も大丈夫なまろやかな『紀州五代梅の心』

自宅用のカップ入りやポリ容器入りもあります



e0177271_11220623.jpg


e0177271_22052227.png



五代庵ファンサイト参加中梅干し通販 五代庵




[PR]
by pintaro23 | 2018-06-08 17:15 | いただきもの

休日のおもてなし


福岡の従妹が来たので、土曜日は我家でおもてなしランチをしました

平日のおもてなしはほぼ100%が私の友人知人ですが、この日は夫も一緒に
ささやかな歓迎ランチ


昨年4月、夫の定年退職記念旅行で九州を訪れた時、病気療養中だった叔母宅
にも泊めてもらい、従妹にも30年以上ぶりに会って色々お世話になったのでした

残念ながら叔母は亡くなってしまいましたが、従妹は介護から解放されて自由な
時間ができたので遊びに来てくれたのです



e0177271_09070204.jpg


前日は従妹と京都へお墓参りに行き、その後ランチをしてから少しだけ
観光をしました

帰宅してからはケーキの準備とテーブルウェアの準備をしただけで、
お料理は手間取らないようなものにしました



e0177271_09071528.jpg


すだれ弁当に詰めた五種盛り

・三色なます レモン酢風味
・牛肉の野菜巻き
・プチトマト&トリュフ入りチーズ&生ハムのピンチョス
・ほうれん草のお浸し卵巻き
・鮎家の鮎巻き昆布



e0177271_09074094.jpg


・篠田巻きと椎茸の炊き合わせ
油抜きをした薄揚げを開いて、薄味をつけた鶏挽肉を敷き、人参とインゲン豆
を巻いて煮込みます

・ちりめん山椒ご飯

・海老真蒸の椀
白身魚のすり身を入手できないので、海老とはんぺんをフードプロセッサー
にかけ、塩・片栗粉少々を加えてラップに巾着に包み、10-15分蒸します

山芋・大和芋のすりおろしを加えると、より滑らかになります



e0177271_09072937.jpg


親戚の中で最も私を可愛がってくれ、私の真価を評価してくれていた叔母が
いなくなってしまったのはとても淋しく残念ですが、寿命を全うし、
従妹と繋げてくれたことを心から感謝しています



e0177271_22052227.png
本日、コメ欄開けます
たまにしか開けませんので、
この記事以外に関してもコメントを頂けると嬉しいです♪


ル・ノーブル◆心和む夏のひととき…おもてなしにぴったりの冷茶グラスモニター



[PR]
by pintaro23 | 2018-06-04 12:05 | おもてなし | Comments(28)

鯛ごはん


鯛ごはんを炊き、昔、信楽陶器まつりで買った浅鉢に盛り付けました
おもてなしの食卓にも良さそうです

昔から器好き、今も変わりませんが昔ほどあれもこれもと手を出さなくなりました


いつもは焼き鯛で炊く「鯛めし」でしたが、分とく山のご主人著
『野﨑洋光が教える 「分とく山」の切り身で魚料理』を
見て、生の鯛を切り身にして炊き込んでみました



e0177271_08015002.jpg



生の魚を入れて炊き込むと魚の臭みが気にならないか・・・と懸念し、
今迄は焼き鯛を使っていました





が、煮魚を炊く時と同じように
鯛に塩を振ってから20分置き、熱湯に通し冷水で汚れを取ると
魚の汚れや臭みがきちんと取れて、全く臭いが気にならず美味しい
鯛ごはんが炊けました




e0177271_08021516.jpg



残っていた木の芽を散らし、大量の木の芽も日の目を見ました(笑)


・厚揚げと野菜の煮びたし
・蓮根&ひじき&ピーマンのカレーきんぴら
・蓬麩と茄子の田楽
・大根の甘酢漬け
・キノコとわかめの味噌汁




e0177271_08020279.jpg



【覚書】

米 1合  水 3/4カップ  鯛切り身 100g  振り塩 適宜
酒 大1  薄口醤油 大1  昆布 5㎝角 (本のレシピには無し)  



e0177271_22052227.png


【料理ブロガーさん集合!!】カネ吉の元気だし 3種 お試しセット 10名募集



[PR]
by pintaro23 | 2018-05-09 06:22 | 私の台所

木の芽味噌和え


木の芽の活用法か結局、木の芽味噌くらいしか思い浮かばず、
筍とじゃが芋の木の芽味噌和えにしました


e0177271_11104709.jpg


じゃが芋は茹で、茹で筍は薄味で軽く煮て、木の芽味噌で和えました

両方とも似た色なので、パッと見た感じはわからず、じゃが芋の木の芽味噌和えも
なかなかいけました


スーパーで見つけた銀ヒラスの味噌漬け

味噌漬けは味醂や味噌の甘味で、弱火で焼いても焦げてしまいます (-_-)

南半球で獲れる高級魚だそうで、銀ダラと鰆を足して割ったような食感・味でした



e0177271_11110000.jpg


e0177271_22052227.png

【アジサイ ディープパープル】saxia(サクシア)植物長持ち体験モニター!Schroll ハイドランジア(アジサイ)




[PR]
by pintaro23 | 2018-04-25 12:02 | 私の台所

筍づくし


筍が美味しい季節になりました
竹かんむりに旬と書いて筍

旬の恵みをいただいて内から健康に

1日に竹は80㎝~1mも伸びるそうで、あくが強いはずですね


e0177271_18314338.jpg


そんなに筍が好きと言う訳でもなく、二人暮らしなので小ぶりの茹で筍を買いました
岡山県のアンテナショップがあり、新鮮な野菜や花が安価で買えるので
たまに寄ります


ぬかや食用重曹を入れて長時間茹でなければならず、お鍋がぬかと灰汁で
ドロドロ&ゲトゲトになり、洗い物の労力と光熱費を考えると少量なら買う方が賢明かと・・・



e0177271_18304373.jpg


「ついている日」にデパ地下で買った三田屋の牛肉で焼肉定食(笑)

私は肉全般の脂身が苦手なので、脂の多い所を夫に

ガル二は、茄子・筍・キャベツ(焼肉の下)


若竹煮・筍ご飯、今の季節ならではのお料理です


添えの木の芽、少しで良いのですが1パックにけっこうな量が入っていて、
木の芽味噌にするくらいしか思い浮かびません

ある意味強烈な香りなので、何にでも合うという訳にもいきません

冷凍すると解凍した時に色が悪くなりそうだし、何か良い案をお持ちの方
教えて下さい。




e0177271_18311634.jpg



筍ご飯

米 2合  昆布出汁 360ml  茹で筍 100g
酒 大1  薄口醤油 大1  みりん 大2/3  塩 少々


e0177271_22052227.png

[PR]
by pintaro23 | 2018-04-21 07:00 | 私の台所 | Comments(9)

桜舞う お花見簾弁当


2-3日前の風雨でソメイヨシノや大島桜は散ってしまい、葉桜になりました

先週初め、まだ満開だった頃に大島桜と雪柳をいただいたので、
お花見すだれ弁当を作り、夕飯にしました


おうち卓上お花見です 179.png



e0177271_10542778.jpg


簾(すだれ)というと夏の物ですが、まぁ冬や晩秋でなければ簾弁当はOKでしょう
お弁当ブロガーさんで通年使っていらっしゃる方もおられるし



e0177271_10545233.jpg


・菜の花のお浸し
・海苔入り卵焼き
・チキンのハーブ焼き
・山芋&コーン&赤パプリカのグラタン
・もずく酢
・生粟麩の田楽
・鮭の麹焼き
・チーズ蒲鉾



e0177271_10544038.jpg


あさりご飯

春は貝が美味しい季節なので、こちらのレシピを参考に炊きました



e0177271_10552167.jpg


この簾弁当を使ったのは昨秋以来です




近所の並木道に今は八重桜が咲き、重さで枝がたわんでいます


e0177271_11003287.jpg

e0177271_22052227.png




【松本ファーム】 産卵数が少なく高価で貴重な烏骨鶏の卵 <モニター募集♪♪>烏骨鶏の卵
世界に一つだけのカッティングボード!どれがくるかはお楽しみ♪【3名様募集中】


[PR]
by pintaro23 | 2018-04-09 07:19 | 私の台所

桜咲く お花見弁当


先週、新築した友人宅にお邪魔するのにお花見弁当を作って持参しました

S子さんと会うのは4年ぶり

街路樹が桜並木になっている琵琶湖畔へドライブに連れて行ってもらいました
滋賀は少し寒いのか、桜は五分咲き


e0177271_07234357.jpg



捨てられない症候群の私、かなり前に夫が出張帰りに新大阪駅で
割引になっていたお弁当を買ってきて、そのお弁当箱をとっていたのでした(笑)

風情のある竹皮弁当箱
捨てられない症候群もたまには役立つね 126.png



e0177271_07152640.jpg



・牛蒡と生姜の梅酢漬けを混ぜ込んだご飯
・たらこ入り卵焼き
・鰆の木の芽味噌焼き
・人参とピーマンの牛肉巻き
・帆立貝柱ぶぶあられ揚げ
・蓮根と糸こんにゃくの金平
・菊菜とえのき茸の胡麻和え



e0177271_07151533.jpg



S子さんとは独身時代、英会話教室で知り合い、
お互い結婚後もたまに会う25年近いおつきあい

かねてから田舎暮らしをしたいと言っており、
注文建築の終の棲家を建てたのでお邪魔したのです

新築の家の香りがするモダンなお宅でした

平屋・駐車場2台が必須で、土地から探して建てたとか・・・
凄いパワー



e0177271_07170383.jpg



ゴールドのゴム紐もモスグリーのラフィアの紐も贈答品か何かの紐を
取っておいたもの(笑)

ちょっとした演出だけれど、「仕出し屋さんのお弁当みたい~」
とS子さんに喜んでもらい、作り甲斐がありました


本日コメ欄、開けます
たまにしか開けませんので、この記事以外についてもコメントを
頂けると嬉しいです
海外旅行・フィギュアスケート・ケーキ・京都etc.




e0177271_22052227.png


【昆布漬辛子めんたいのかば田】焼たらこを5名様!たらこあれこれ



[PR]
by pintaro23 | 2018-04-03 06:30 | 私の台所 | Trackback | Comments(21)

野菜たっぷりの献立


3月に入り、まさに三寒四温

さすがに分厚いダウンコートは着ないけれど、寒い日は首をしっかり保温
首・手首・足首を温めると随分違います

手袋は綿のUVカットのものに替えました



e0177271_06124343.jpg


なんてことない日々の夕飯です

とにかく野菜を多目に使い、栄養バランスの良い食事を目指しています


・白身魚のハーブムニエル
・スナップエンドウ&じゃが芋&戴き物のソーセージ炒め 粒マスタード
・白菜と薄揚げの炊いたん
・長芋と梅干しのたたき 

・さつま芋&キャベツ&えのき茸&薄揚げの味噌汁
・白米&発芽玄米&もち麦のごはん



e0177271_06130130.jpg


メツゲライ クスダ のベーコンを炒めるだけでかなり脂が出るので、オイルは不要

塩胡椒と粒マスタードだけで充分美味しいです

葉物野菜の高騰も落ちついてきました

くたくたになる位、白菜を煮込むと美味しい~




e0177271_06133084.jpg


旬のホタルイカ、私は好物だけれど夫はイマイチみたいなので、主菜は別々に作る

と言ってもボイルホタルイカを盛るだけですが、目と軟骨を取るのが面倒です(笑)


・椎茸&ゴボウ&薄揚げの煮物
・酢玉ねぎ トマト
・ブロッコリー&南瓜&ツナの胡麻ドレッシング和え
・梅おかか

・エノキ茸&わかめ&薄揚げの味噌汁



e0177271_06135948.jpg


夫には
・カレー味の焼き鳥

玉ねぎ嫌いなので、酢玉ねぎはやめて、
・長芋とろろ


e0177271_06135040.jpg

中医では、春に最もよく働く肝臓には酸味が良いと言われており、
春には酢や酸味のある食材を摂るのが良いそうです

お酢以外にも柑橘系の果物、梅干し

酢の物、中華の甘酢あんかけにしたり、梅ドレッシングや
肉巻きに梅干しの果肉を巻いたり、アイディア次第でいくらでも調理法はあります




e0177271_22052227.png




[PR]
by pintaro23 | 2018-03-08 12:24 | 私の台所

桃の節句のおもてなし


少し早めですが、桃の節句のおもてなしをしました

春の兆しを感じる「ほっと」するようなお料理でお迎えしました

かなり前からお誘いしていたブロ友 さんころさん
ブログ記事やコメント、コメント返しに誠実でウイットに
富んだバランスの良い人柄を感じていました
お仕事をされているので有休を使ってお越し頂きました

2月はフィギュアスケートの日程に合わせた生活をしていたので、
男子フィギュアの日程を調べ、終わってからにして頂いたのです(笑)



e0177271_12091321.jpg



・前菜
蒸しささ身の南蛮漬け
牛肉・牛蒡・こんにゃくのコチジャン金平
ほうれん草の薄焼き卵巻き
プチトマト・オリーブ漬け・トリュフ入りチーズのピンチョス
たらこ昆布巻き(鮎家)
蛇腹きゅうり


このお皿、実は和紙でできていて土に還るエコ商品です
しっかりしていて、見た目は全くわかりません

元旦の食卓にも長角皿に祝い肴三種を盛りました




e0177271_12093561.jpg



海鮮ちらし寿司は、以前婦人雑誌で見たのを真似て作りました
婦人画報かミセスだったと思います
どこかのお店のお料理だったような気がします

それは、きっちり正方形に具材を切り、モザイクのように綺麗なお寿司でした
もっと具材が小さくて、まるで定規で測ったような・・・

胡瓜を正方形に切ると、ずいの部分だけになり緑の部分がなくなるので、
丸のまま乗せました(笑)



e0177271_12092408.jpg




蒸しものは、鰆の菜種道明寺蒸し

道明寺粉に出汁を入れて吸わせておき、
塩と卵黄を混ぜて、湯通しした鰆に乗せて蒸します

蒸し上った道明寺種が菜の花のように見える一品です

蒸し上ったら銀餡をかけ、さっと湯がいた菜の花と生麩を乗せます

これは昔、家庭懐石料理教室で習ったお料理で、
習わなければ自分では思いつかないお料理です



e0177271_12084618.jpg




椀ものの椀種は、貝柱・銀杏・椎茸の白玉団子

五色ぶぶあられを散らして春らしく


先生が「季節に合わせた椀種ができれば、一人前よ」と仰いましたが、本当に難しいです

真蒸や白玉団子、枝豆豆腐、桜餅や花びら餅に見立てた種etc.
季節に合った見栄え、旬の食材を使い手間がかかります


通っていた教室では、お料理以外にもマナーや器のことも学びました

「およばれしたら、一か月以内にお招きするのがマナーですよ」
「寒い時期は暖色系の器で、口が狭くお料理が覚めにくい形の物」

伊万里や有田の藍の染付けが好きだし、
手持ちの器が限られているので、なかなかそうはいきませんけどね~


我こそは!と思わん方は、私を招いて下さ~い
(良い意味での)倍返しで返礼のおもてなしさせて頂きますわよ~(笑)



e0177271_18433335.jpg



私は「初めまして」だったのですが、
2013年にウーマンエキサイトの座談会にお声がけ頂き、
顔出ししていた記事をご覧になって、さんころさんは私の顔をご存じだったのです

ブロガーさんにお会いするとお互いの記事から、
既にお会いしたことがあるような感じで、どんどん話題が弾みます

この後デザートタイムでも、以前から会っている友達のように
食べて喋って楽しい一日が過ぎていきました 169.png

ひな祭りランチ まだ続きます





e0177271_22052227.png


ほっとフォトコンテスト


モニプラ公開記念! 年間60万本を売り上げる吾左衛門鮓 さばを3名様に!吾左衛門鮓




[PR]
by pintaro23 | 2018-02-26 16:20 | おもてなし | Trackback | Comments(11)


☆♪☆日々の暮らしを心地よく愉しむために☆♪☆


by Sabio

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カテゴリ

全体
ごあいさつ
日々の暮らし
私の台所
私のお菓子
おもてなし


習い事
いただきもの
海外
お気に入り
フィギュアスケート
大阪
神戸 阪神間
京都
奈良
和歌山
三重
信州
おでかけ
その他
SABIOのアトリエ

以前の記事

2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
more...

メモ帳

* リンクフリーです *





SABIOのアトリエ
レッスンのお問い合わせは、こちらからお願い致します☆☆☆ 



エキサイトブログCAFEに掲載して頂いています

新生姜の甘酢漬け

夏野菜のケーク・サレ

秋刀魚の二色揚げ 吹き寄せサラダ

秋の松花堂弁当

2016年 元旦の食卓

「和」のワンプレートごはん

エキサイトブログ 編集部おすすめ記事

お節料理リメイク スウィートポテト








ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ナザレの旅行情報




このブログ内のすべての記事および画像・デザイン等の無断借用、転用は固くお断りいたします。

タグ

(238)
(193)
(146)
(104)
(101)
(85)
(69)
(64)
(51)
(43)
(42)
(40)
(37)
(29)
(28)
(23)
(18)
(18)
(17)
(17)
(14)
(14)
(11)
(10)
(8)
(7)
(4)
(1)
(1)

記事ランキング

ブログジャンル

主婦
グルメ

最新のコメント

mahorobaさん ..
by pintaro23 at 12:20
Sabioさん、おはよう..
by mahoroba-diary at 09:43
kirmesさん ..
by pintaro23 at 05:31

検索

ブログパーツ

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

画像一覧