カテゴリ:海外( 108 )

E.Wedelのチョコレート @ポーランド


今年もデパートではヴァレンタイン商戦が白熱していますね

もう、おばさんには本命チョコも義理チョコも関係ナシですが、
ポーランドで買ってきた老舗 Wedel(ヴェデル)のチョコレートのお話を少し・・・



e0177271_13550102.jpg



今回も復路の空港でGODIVAのチョコレートがセールになっていたら買おうと
思っていました

が、私の好きなプラリネチョコ(中にクリームやナッツが入っている)やトリュフチョコ
でセールになっている物がなく、リンツのプラリネチョコを買いました


ポーランドの古都クラクフに行った時、有名なチョコレート屋さん Wedel があると
グループの方から聞き、行ってみました




e0177271_13553883.jpg



クラシックなファサードを入るとすぐにプラリネチョコのショーケースがあり、
お値段を尋ねてみると意外に安価でした

1個 約100円

今年はデパート出店が無いようですが、このお店を教えてくれた方によると
日本でたまに売られているのは約3倍のお値段らしいです


一番小さい箱に入れて貰うことにし、迷うほどある中から夫婦各6個ずつ選びました



e0177271_14005044.jpg



生チョコ以外にも既に箱詰めされたものや子供用のチョコ、クリスマスプレゼント用のもの、
スーパーで売られているような板チョコも沢山ありました


奥には明るく広いカフェがあり、ティーブレイクしました
その様子は、また後日・・・



e0177271_14005958.jpg



海外ではヴァレンタインデーの時だけでなく、普段からチョコレートを
プレゼントするみたいで、クリスマスプレゼントにもよく使われるようです




e0177271_13551427.jpg



ヘーゼルナッツ&ピスタチオクリーム、ラズベリークリーム

ハートのチョコは中が二層になっていました


チョコレート作りは温度管理が難しく、繊細な技術が必要なので高価なのが頷けます



e0177271_13552824.jpg


e0177271_22052227.png

更新を通知する


by pintaro23 | 2019-02-06 17:00 | 海外

ワルシャワで見つけた可愛いモノ・素敵なモノ


ワルシャワ市内の中央広場付近には、たくさんのお店が軒を連ね
ショーウィンドーを見るだけでもワクワクしてきます

市内観光中なのでグループから離れないよう、ササーッと見てはシャッターを押しました



e0177271_16005994.jpg


ポーランドの民族衣装を着た人形
カラフルな衣装をまとっています

ブルガリア、ルーマニア、ハンガリーなどの民族衣装と似ている感じ



e0177271_16000464.jpg


↓前回の記事でご紹介したポーリッシュポタリーの店先には、巨大ティーポット



e0177271_16004945.jpg


クリスマス前だったので、サンタクロースや天使の人形がたくさん



e0177271_16010845.jpg


小学校低学年かな?

かわいい子供達が世界遺産の街を歩いて、どこかに行くようです




e0177271_16002750.jpg


こちらは木製のオブジェや人形のお店のようでした

表情が・・・暗い?



e0177271_16003998.jpg


クリスマスツリーに飾るボールを売るお店

入ってみたかったけれど・・・もう、増やさないと決めているので、
欲しくなると困るのでやめました



e0177271_15595514.jpg


ピアノを弾くショパン

ピアノの上には、何故かバレリーナ




e0177271_16001665.jpg


ポーランドは世界有数の琥珀の生産地で、バルト海に面したグダンスクという街が有名だそうです

日本で買う1/2~1/3で買えるそうですが、安いものはプラスチック製の偽物だったりするので
注意した方が良いそうです



e0177271_16011609.jpg


この列は小学校中学年のようでした


欧州に行っていつも思うのは、
時空を越えて・・・何百年~千年もの歴史が残る街を普段の生活の場として暮らせる、
毎日見られる、触れることができるということの羨ましさです



e0177271_22052227.png

にほんブログ村テーマ 海外旅行記へ
海外旅行記
にほんブログ村テーマ 写真旅行へ
写真旅行
by pintaro23 | 2019-01-21 17:34 | 海外

ポーランド食器でティータイム


ポーランドで買った食器でお茶時間

ドイツに近いポーランド南西部のボレストランワヴィエツ周辺で作られる
ポーリッシュポタリ―



e0177271_09243890.jpg


約2000種の豊富なフォルムやデザインがあり、電子レンジ・オーブン・食洗器OKです

柄のパターンも2000以上あり、有名な6社が各々の器を作っているそうです


私が買ったのは、ザクワディ・ツェラミチネ・ボレスワヴィエツ社のものです



e0177271_09241667.jpg


昨年の大地震でスペインで買ってきた絵皿が割れてしまったので、代わりのモノを
買うべく探しました

花柄や多色使いのものもありましたが、比較的シンプルな柄にしました

選んだのは、ブルーベリー?柄のスクエア皿と夫のマグカップ

私のマグカップは今使っているモノで満足しているので、買いませんでした



e0177271_11210717.jpg


チョコレートはポーランドの老舗 E. Wedel のもの

ヴァレンタインデー近くになったら、詳しくアップします


e0177271_22052227.png



にほんブログ村テーマ オシャレな食器・キッチン雑貨へ
オシャレな食器・キッチン雑貨
by pintaro23 | 2019-01-19 17:30 | 海外

ワルシャワ 白銀のワジェンキ公園


ショパンの故郷ワルシャワにある広大なワジェンキ公園

18世紀に30年の歳月をかけ、造園されたそうです

この日はほぼ終日曇天で朝の気温は零下、どの写真もまるで白黒写真のようです(笑)



e0177271_10212180.jpg



5-9月の日曜日にはショパンコンサートが行われるそうです

ショパン像の後ろには州木の柳が覆いかかるように立っています

柳と言えば、もっと細い枝で風に身を任せるように揺れるイメージがありますが、
ここでは太い幹&力強い感じですね




e0177271_10213644.jpg



公園内には有料の植物園があり、落葉した樹々と降り積もった雪がどこまでも続きます

大変立派な宮殿もありました
時間の関係で入場しませんでしたが、絢爛豪華な内装や調度品があるようです


水鳥が沢山泳いでおり、寒いのに孔雀が1羽優雅に歩いていました




e0177271_10221104.jpg



樹々の間からするするっとリス君が登場

野生のリスを見るのは初めてです

しっぽの毛がふさふさで可愛い~

近づきそうで近づかない・・・木に上っていきました



e0177271_10291968.jpg



何匹かいて、木の上の方から出てきました

体は保護色のように木の茶色とツタの深緑が入り混じったような色




e0177271_10292911.jpg



ギリシャ・ローマ風の野外劇場もあり、季節の良い時期にはここでも上演されるそうです


何故かハンガリー人のリストの銅像もありました



e0177271_10215497.jpg



公園内や市街地の歩道には、大理石に地図が刻まれた板があり、
(現在地を含む付近図)ボタンを押すとショパンの曲が流れます


今回行ったのは、こちらの公園だけですが、ワルシャワの街には多くの公園がありました

季節柄イルミネーションで彩られていたり、人々の散歩コース、憩いの場となる公園も
優雅な雰囲気でした



e0177271_14102069.jpg


ポーランド旅行記は、年明けからまた続けます



e0177271_22052227.png


by pintaro23 | 2018-12-28 17:03 | 海外

クリスマスシーズンのポーランド


12月17日~23日 クリスマスシーズンのポーランドに行ってきました

関空 ⇒(10時間15分)✈フィンランド ヘルシンキ ⇒(75分)✈ポーランド ワルシャワ

現地は-4℃~1℃という寒さで、白銀の世界

気温が上がらないので人や車の往来が無い所は雪が溶けることは無く、
雪もきめが細かくサラサラ



e0177271_11541865.jpg


古都クラクフ 中央広場のクリスマスマーケット

白い馬車が列を成して客待ち



e0177271_11330990.jpg


中世の面影を残す街の辻にはブルーのクリスマス飾りを模したキラキラが
とてもお洒落でした



e0177271_11331665.jpg


ヴィエリチカの世界遺産 ヴィエリチカ岩塩坑にも行きました

岩塩でできた大きなシャンデリアのある礼拝堂




e0177271_11334152.jpg


首都ワルシャワの公園にあるショパン像

季節が良い時期には、右の台にピアノが置かれコンサートがあるらしい

前方の噴水は当然出ておらず、多数の観客席ベンチは積もった雪で白くなっていました




e0177271_11333282.jpg


貴婦人も夜にはライトアップされるのでしょうね



e0177271_11332448.jpg


大きな池も部分的に凍っていて、水鳥が氷の無い部分群れていました


日本でなら、こんな雪の降る日は家でジーッとしているのに
遊びだと嬉しさ半分で平気なのが不思議です(笑)

ヒートテック・タイツ・カイロを幾つも貼り・・・意外と大丈夫でした




e0177271_11330074.jpg


ワルシャワの王宮

ここから旧市街になり、中には小さなクリスマスマーケットがありました



e0177271_11325166.jpg


16時には日が暮れ、街中がライトアップされて上品にキラキラ


ワルシャワの街は歩道幅が広く、歩道にも趣向を凝らしたイルミネーションが
あったり、各道路にも様々なイルミネーションが綺麗でした



e0177271_11543088.jpg


未だ昨冬のフランス東部周遊記も完結していませんが、ポーランドの
クリスマス編を先に綴ります



e0177271_17175703.gif


ヘルシンキからの帰国便が雪の影響で6時間遅れ、昨夜帰国しました
帰国後の食事 我家は握り寿司&うどんが定番です
クリスマスイヴは地味~に、握り寿司&きつねうどんです(笑)


✨✨✨ With best wishes for Merry Christmas. ✨✨✨



e0177271_22052227.png


by pintaro23 | 2018-12-24 17:30 | 海外 | Trackback | Comments(6)

リヨン 光の祭典(3) sanpo



リヨン市庁舎に映し出される大プロジェクションマッピング

こちらへ向かう通りは一方通行になり、大通りにぎっしり人の波

入場制限されているので、少しずつしか進みません



e0177271_19520174.jpg



何かのアニメのようでしたが、フランス語の説明なので解りませんでした



e0177271_19521592.jpg


市庁舎前の広場は、立錐の余地もない程の人で溢れかえっていました



e0177271_19523010.jpg


歴史ある重厚な建造物に現代の光アートが実によくマッチしていました



e0177271_19591652.jpg




『リヨン 光の祭典』が行われる4日間は、夜からケーブルカーが無料になります

フルヴィエールの丘にある大聖堂や古代ローマ劇場でも光のイベントが行われ、
そちらへ向かうにはケーブルカーに乗らなければならないからです



e0177271_19512399.jpg



駅の改札には大勢のポリスや駅員が並び、人々を誘導していきます

自動改札は開放されたままで、列に並んだ人々が順番に入っていくようになっていました


一晩で約100万人が訪れ、切符の購入にも大行列ができ混雑するとは言え、
無料にするサービス精神に驚きました




e0177271_19514274.jpg



ケーブルカーを降りると、古代ローマ劇場へ向かう行列が続いており、
前から4-5列目に並びました

どうしても人の頭が写り込んでしまいます

こちらでも大掛かりな音楽と光のショーが行われていました



e0177271_19505593.jpg



「馬」をテーマにしたショーが始まり、背中に炎の羽を付けた中世の騎士風の男性
が騎乗して登場

馬もよく調教されているのか驚くこともなく、小走りで場内を回っていました




e0177271_19510832.jpg





e0177271_22052227.png



by pintaro23 | 2018-12-20 15:15 | 海外

リヨン 光の祭典(2)


リヨン サンジャン大聖堂に映し出されるプロジェクションマッピング

音と光の大アート


e0177271_19570315.jpg



大聖堂のファサードに光と色彩の芸術ショーが繰り広げられます



e0177271_08470776.jpg



ポツポツと小雨が降ったりやんだりしましたが、ぎっしり詰まった見物人の
邪魔になるので傘をさす人はいませんでした




e0177271_19565111.jpg



1クール15分位のショーが終わると、出口はこちら⇒ ⇒ ⇒ が出ます
 
見学し終わった人達が入れ替わり、暫く休憩があり次の見学者が前に進みます

私達のグループは再度、前方で首が痛くなるほど見上げて見学しました





e0177271_19563935.jpg




劇場に映し出されたプロジェクションマッピング

e0177271_19571962.jpg




噴水広場には、ゴールデンアワー

巨大時計が透明のドームで覆われていました

e0177271_19573125.jpg

e0177271_19574723.jpg



ローマ時代から長い繁栄の歴史を持つフランス第二の都市リヨンは、
「絹の街」「美食の街」「金融の街」と言われ、こちらは大変立派な
商工会議所です

ほんのりライトアップされていました


e0177271_19575830.jpg



e0177271_22052227.png




by pintaro23 | 2018-12-16 16:16 | 海外

リヨン 光の祭典 (1) sanpo



リヨン 光の祭典 

私達が訪れたのは、昨年12月8日でした

毎年12月8日をはさむ4日間だけ開催される光の芸術ショー

市内300ヵ所以上の広場・橋・駅・聖堂・教会・名所旧跡がライトアップされ、
光り輝きます


e0177271_06170348.jpg


巨大な花と蝶のオブジェ、大観覧車が白×ブルーを基調とした光に演出されていました



e0177271_06171678.jpg



街の小さな広場にクジラのような巨大風船が浮かび、色が変わっていくのを
眺めました



e0177271_06175612.jpg
e0177271_06180653.jpg



あらゆる通りに趣向を凝らしたイルミネーションが輝きます



e0177271_06174142.jpg


毎年、世界中から4日間で約400万人の人々が訪れるそうです



e0177271_06182168.jpg


e0177271_22052227.png


by pintaro23 | 2018-12-14 18:05 | 海外

リヨンのクリスマスマーケット


昨年の今頃はフランス東部に行っていて、リヨンのクリスマスマーケットにも
少しだけ寄りました

年に4日間だけ開催される『リヨン 光の祭典』に行く前に寄った
公園で開かれていたクリスマスマーケットです



e0177271_13480326.jpg



国や地域によってクリスマスディスプレイや屋台の照明が違い、
こちらは、控えめの照明で大人っぽい感じでした



e0177271_13371890.jpg



東部はドイツに近いので、ブリッツェルやフランクフルトを売る屋台も出ていました

屋台の照明がミニシャンデリアだったり、お洒落です✨



e0177271_13481215.jpg



食べ歩き用なのか、串に刺したお菓子

クリスマスツリー用のモミの木を売るお店
ヨーロッパではよく見かけます



e0177271_13383626.jpg



蜂蜜やジャム、パンデビス、栗製品、ホーロー鍋や食器店etc.

人出が多く、狭い通りを歩くのが難しい状態でした



e0177271_13385221.jpg



メリーゴーランドやお子ちゃま用の乗り物もあり、週末やクリスマス前は
更に賑わうでしょうね~



e0177271_13482324.jpg



もっとゆっくり場内を見て周りたかったのですが、『光の祭典』に
向かう為、あっと言う間に集合時間になりました

こちらでは、栗製品だけを購入しました




e0177271_13365411.jpg



東北部のストラスブールにも行きましたが、昨夜テロがあったようです
写真にも収めたゲートがTVに映し出されていました

あぁ、怖い~  なんということでしょう



e0177271_11091950.jpg


e0177271_22052227.png


by pintaro23 | 2018-12-12 17:31 | 海外

ディジョン ノートルダム教会



ディジョン散策

ノートルダム教会


e0177271_13265921.jpg


13世紀に建てられたゴシック建築

ゴシック様式の教会にはステンドグラスがよく似合います



e0177271_13333942.jpg

e0177271_13274352.jpg


ノートルダム教会とは、聖母マリアを祀る教会で
こちらには黒い聖母像があります


e0177271_13272061.jpg


立派なパイプオルガン

ミサ時にパイプオルガンが奏でる調べは、より一層荘厳な雰囲気を醸し出します



e0177271_13271036.jpg


ファサードの雨どいには、パリのノートルダム寺院やミラノのドゥオモにも見られる
ガーゴイル(妖怪・怪物)の像が多数ありました




e0177271_13272996.jpg


e0177271_22052227.png


by pintaro23 | 2018-10-27 17:41 | 海外


☆♪☆日々の暮らしを心地よく愉しむために☆♪☆


by Sabio

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28

カテゴリ

全体
ごあいさつ
日々の暮らし
私の台所
私のお菓子
おもてなし


習い事
いただきもの
お気に入り
海外
フィギュアスケート
大阪
神戸 阪神間
京都
奈良
和歌山
三重
信州
おでかけ
その他
SABIOのアトリエ

以前の記事

2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
more...

メモ帳

* リンクフリーです *





SABIOのアトリエ
レッスンのお問い合わせは、こちらからお願い致します☆☆☆ 



エキサイトブログCAFEに掲載して頂いています

新生姜の甘酢漬け

夏野菜のケーク・サレ

秋刀魚の二色揚げ 吹き寄せサラダ

秋の松花堂弁当

2016年 元旦の食卓

「和」のワンプレートごはん

エキサイトブログ 編集部おすすめ記事

お節料理リメイク スウィートポテト








ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ナザレの旅行情報




このブログ内のすべての記事および画像・デザイン等の無断借用、転用は固くお断りいたします。

タグ

(266)
(218)
(158)
(118)
(114)
(98)
(74)
(69)
(58)
(45)
(42)
(40)
(40)
(31)
(31)
(27)
(23)
(18)
(18)
(17)
(17)
(15)
(11)
(10)
(8)
(7)
(4)
(1)

記事ランキング

ブログジャンル

主婦
グルメ

最新のコメント

takakoさん ..
by pintaro23 at 06:23
こんにちは。 いつも、..
by takako-n73 at 16:31
snowdrop-nar..
by pintaro23 at 08:35

検索

ブログパーツ

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

画像一覧