タグ:花 ( 121 ) タグの人気記事

そろそろ蓮も  @ 京都 三室戸寺




e0177271_13093687.jpg


紫陽花園を巡った後、本堂前の蓮を愛でる

蓮の花は、これからが本番で8月初旬まで咲き続けるそうです



e0177271_13110182.jpg


本堂前の蓮園には250鉢の蓮

極楽浄土に咲く花として慈しまれている蓮の花は、午後にはしぼんでしまいます




e0177271_13100556.jpg


境内には、勝運牛や狛蛇、そして可愛い狛兎の『福徳兎』

兎ちゃんが持っている玉の中に卵型の石があり、立てば願いが通じる・・・というので、
私も立ててきました



e0177271_13102000.jpg



e0177271_13095022.jpg


紫陽花が見頃の6/26までの土日は、夜間拝観(19-21時)が行われるそうです



e0177271_13113446.jpg


杉木立の中の大庭園

春には桜、つつじ、しゃくなげ
秋は紅葉


e0177271_13104666.jpg


ライトアップされた紫陽花は幻想的でしょうね


西国霊場十番札所 三室戸寺

8:30~16:30
拝観料 500円   駐車場 500円


e0177271_13111712.jpg




【アンデルセン】何が届くかお楽しみ♪ベーカリーのサマーギフト 5名様モニター募集アンデルセンのパン通販サイト/アンデルセンネット



[PR]
by pintaro23 | 2016-06-16 08:45 | 京都 | Trackback

1万株の紫陽花  @ 京都 三室戸寺



紫陽花が見頃を迎えた三室戸寺に行ってきました

2011年の紫陽花の時期にも訪れました
(過去のブログを検索できるので、日記代わりになって便利)


以前訪れた時は平日だったので人が少なかったのですが、昨日は休日で
8:30の開門前には100人を超す行列ができていました


e0177271_06543124.jpg

紫陽花庭園には、1万株もの多種の紫陽花が植えられているそうです

50種類の西洋アジサイ・額アジサイ・柏葉アジサイ・アナベル等々



パリジェンヌという名の濃いピンクの紫陽花

e0177271_06542076.jpg



白い縁のモナリザ

e0177271_06550646.jpg



以前来た時にはなかった新たなエリアには、まだ小さな株が沢山植えられていました

星の桜と言う名のとてもロマンティックなアジサイ

e0177271_06540383.jpg



ピンク色のダンスパーティー

e0177271_06544427.jpg



綺麗な状態を保つ為、日々の手入れも大変だと思います

e0177271_07160129.jpg



夏でも紅葉しているもみじの下にひっそりと咲く額あじさい

e0177271_06545405.jpg



『花の寺』『あじさい寺』とも称されるこちらの大庭園は有名で、
10時過ぎには観光バスが次々到着し、園内は人の波

「先手必勝」開門前に来て良かった~



e0177271_06551651.jpg


石段を上り、本堂前に咲き始めている花編に続きます




[PR]
by pintaro23 | 2016-06-12 15:45 | 京都 | Trackback

夢の中へ



5月だというに夏日が続く毎日、家の中はまだそう暑くないので助かっている

夫が朝食中に夕飯の下準備を済ませ、洗濯物を干し終わり、日課のブログまわり、
朝食をとり朝の番組をそこそこ見て、図書館に行く

このところ多忙で帰宅が遅い夫に合わせていると、なんとなくだるく、意識不明になりそうな(笑)
猛烈な睡魔に襲われる時間帯がある



e0177271_20473580.jpg


もう何年も前から友人知人とのランチ以外、ふだん家で昼食は食べない

一人分を用意するのは面倒だし、そんなに空腹でもないので、ヨーグルトやバナナ、
おやつを食べる程度

テレビを見ながらノートパソコンを触っていると睡魔に襲われ、お昼寝タイム

本当は15分程の昼寝がベストらしいが、私の場合はベッドで本寝(苦笑)
ソファで寝て首の筋を違えたり、チァイムの音で起こされるのも嫌だし・・・
15分位では、寝た気がしない ⇒ どこまでも本寝モード




e0177271_20474741.jpg


そして、今日は大人になってから、初めて寝ボケた 039.gif

夢を見て「非常によく寝た」感があった

気が付くと時計の針は4時前を差していて、「ちょっと早いけど、もう起きよう」
隣のベッドに夫の姿はなく、リビングにもいないしどこにも姿はない

「もしや・・・トイレで倒れているのか?」と覗いてみるがいない

キッチンでは炊飯器が稼働中(夕食用にタイマーを掛けていた)

それでもまだ気づかず、夫の布団をめくってみる ⇒ やはり、いない


そう、朝4時と間違っていた私

昼寝なのに夜寝たのと間違え、完全に寝ボケていた(恥)


お陰でスッキリ

あぁ、有難や~ 専業主婦の特権 昼寝

napやシエスタどころではない、本寝で「夢の中へ」だった



e0177271_20472794.jpg

[PR]
by pintaro23 | 2016-05-20 21:22 | 日々の暮らし | Trackback

オッペン化粧品ばら園



吹田市岸部にある「オッペン化粧品ばら園」に行ってきました

本社社屋前に広がる320品種・5,500本の見事なバラ園

朝日放送「キャスト」で放送され、初めて知りました


e0177271_07403401.jpg




2014年から毎年5月に「Rose Week(ローズウィーク)」を開催し、一般に無料公開されています

18日まで  10~16時

JR岸辺駅下車 徒歩5分



e0177271_07420864.jpg




紫金山ポップスオーケストラによるミニコンサートが行われました




e0177271_07410034.jpg

e0177271_07422624.jpg



椿のようなバラもありました

ミルクティー色に微妙な色の濃淡がアンニュイな雰囲気を出していたり

淡いピンクとクリームイエローの調和が絶妙に柔らかい表情を出していたり



e0177271_07424067.jpg




社屋向かいにあるマンション住人の方は、この期間毎日
素晴らしいバラを眺めることができ、羨ましいです


e0177271_07434852.jpg




スプレー咲きのまるでブーケのようにたわわに咲いていたり

たまたまこう色が出たのか、掛け合わせたのか、赤とクリームイエローが混ざったバラ


e0177271_07432239.jpg



青・紫系の色を出すのは、非常に難しいらしいです



e0177271_07430819.jpg



華やかなバラに包まれて、優雅なひとときを過ごしました



e0177271_07404852.jpg



快晴の日曜日、夫婦別行動で
夫は京都へ  葵祭見学に

私は独身時代に行ったことがあったので、パスしました

出かける際、マンションのエレベーターで一緒になった仲良しご近所さんに
夫婦別行動で、これからバラ園に行くと言うと
「オトナや~ん」

単独行動がオトナなのか・・・
夫婦別行動がオトナなのか・・・

「そう? うちはデパートや行楽地へ一緒に出掛けても
お互い見たいものが違うので、解散・集合方式をとってるよ」

ププッ、自由人夫婦か(笑)


かく言うご近所さんも、PTA仲間と温泉一泊旅行へ
もちろん、ご主人はお留守番

どこも妻は行動的?!003.gif




[PR]
by pintaro23 | 2016-05-16 09:40 | 大阪 | Trackback

花に包まれる時空の広場




5周年を迎えたOSAKA STATION CITY

JR大阪駅5Fにある 時空(とき)の広場には、花をモチーフにした
「驚きと不思議があふれるフラワーガーデン」が出現しています

e0177271_07422989.jpg



都会的に綺麗に生まれ変わったJR大阪駅
たまに帰阪する友達は驚いています(笑)

以前の方が、大阪らしかったりして・・・(爆)


e0177271_07424037.jpg



今年は色分けされた花壇に5つの巨大花オブジェが人々を迎えてくれます
イエロー・オレンジ・レッド・パープル・ブルーの花で埋め尽くされ、
華やかな空間に変身しています


イベント終了後には、大阪ステーションシティ内の店舗で買い物(500円以上)をし、
レシートを持参すると展示した花をプレゼントされるそうですよ [5/16,17]




e0177271_07430929.jpg




私達が訪れた5月4日には、1輪のお花のプレゼントがありました
バラとカーネーションをいただきました


e0177271_07425682.jpg


[PR]
by pintaro23 | 2016-05-11 17:08 | 大阪 | Trackback

明石海峡公園




GW前半は好天に恵まれ、淡路島~徳島県鳴門に行きました
結婚記念日を兼ね、毎年どこかに旅行しています


淡路島にある国営明石海峡公園

e0177271_07080295.jpg


40万㎡の広大な敷地に季節の花々が咲き乱れ、
森のようなエリアに入ると、目を見張るデイジーの絨毯
流れる川のように見事です


e0177271_07070370.jpg



白いガゼボの前には、パンジー・なでしこ・金魚草などの可愛い花で彩られ、
芝生の上も歩けます



e0177271_07074236.jpg



山と海、豊かな自然に囲まれた素晴らしいロケーション

バーベキュー広場もあり、一日中楽しめます




e0177271_07070975.jpg


花の丘道
道の両側にはガーデニングでおなじみの花々

背の高いデルフィニウムの奥にはクリスマスローズガーデン



e0177271_07082730.jpg


チューリップは終わったようですが、アネモネや
マーガレット・矢車草・ひなげしetc.の春の花が手入れされ、美しく咲いていました


小ぶりのアジサイのようなオオテマリ
来月にはアジサイがそろそろ咲き始めるかな?



e0177271_07081574.jpg

最盛期のネモフィラが丘を埋めていました


花や木々を眺めながら池を周遊するボート
薫風が心地よさそうです


e0177271_08250694.jpg


花の中海を周遊するボートは一周30分 (大人400円 小人200円)



e0177271_07065670.jpg


花火鳥

震災からの再生と復活の祈りを込めた巨大オブジェは超豪華です




e0177271_07083678.jpg


かわいいアヒルの親子に心が和みます



e0177271_07075400.jpg



子供に人気のハッチ号で園内散策できます (一日乗り放題 300円)


ここに着いたのは開園前の9時過ぎでしたが、既に200人位が開園を待っていました
凄い人気です!

しかもテントや簡易テーブルを持ったファミリーも多く、今迄行った植物園や公園とは違った感じ
その訳がわかりました


子供の森というエリアがあり、近くの芝生にはテントを張って休んでいるお父さんがいました(笑)



e0177271_07072401.jpg


明石と言えば、蛸
愛嬌のある蛸のトピアリー出迎えてくれます


入場料 410円   駐車場 500円



付近には、淡路夢舞台・奇跡の星の植物館・あわじ花さじき・県立淡路島公園があり、
花と自然に触れ合える施設がたくさんあります





[PR]
by pintaro23 | 2016-05-03 10:00 | 神戸 阪神間 | Trackback

緑の風




GWが始まり好天に恵まれ、ちょっと遠くまで散歩しました



e0177271_19305263.jpg


今城塚古墳公園

本物の埴輪が200体並ぶ はにわ祭祀場

国史跡に指定されていますが、宮内庁に指定されていないので、はにわに近づき触ることができます


e0177271_19310613.jpg



継体天皇の陵とされている前方後円墳

規模は小さいですが、歴史の教科書で見た通りの形をしています

公園の広い芝生で遊んだり、ピクニック気分でお弁当を広げたり、憩いの場になっています


e0177271_19311794.jpg



桜が散り始めるとバトンタッチされたかのように咲き始めるハナミズキ

私が住む市の市花になっているので、街路樹としてよく植えられています

e0177271_20024163.jpg




樹が高く、花を撮ろうとしても下から見上げるようにでないと撮れません

アメリカハナミズキは、日本がワシントンに贈ったソメイヨシノの返礼だったのだそうです


空に向かって緑の風になびくハナミズキ

清々しい季節がやってきました

e0177271_20025312.jpg



[PR]
by pintaro23 | 2016-04-30 06:30 | 日々の暮らし | Trackback

春の公園



お花見日和だった昨日・一昨日、一気に満開になった桜

今日の風雨が花散らしの雨になってしまいますね


e0177271_22335094.jpg



近所にもたくさんの桜が次々に咲きそろい、花散歩しました



e0177271_22332247.jpg




今年は開花宣言があってから低温が続き、満開まで時間がかかりました




e0177271_22345640.jpg



桜以外にも公園や花壇には色とりどりの花が春を告げています


木蓮とコブシの花は似ています
英名・学名はマグノリア
響きがおしゃれですね


子供の頃、原っぱの奥の日陰に群生していた薄い水色の花が
花ニラだったのを、大人になってから知りました
そう言えば、花を摘むとニラのような匂いがしたわ



e0177271_22341889.jpg



池の周りには大きな柳があり、そよ風が清々しく新緑が眩しい季節はもうすぐです



e0177271_22343701.jpg






e0177271_22340656.jpg




あたりまえのように眺めているソメイヨシノはクローンなので、
とてもストレスに弱いのだそうです

寿命は60~100年のなのだとか・・・
ずっとずっと未来永劫に生き続けるのだとばかり思っていました


樹医や花守の方々が、桜を守る活動をされている姿をテレビで見ました




e0177271_14594678.jpg




観光王国になった日本
特にアジアからの観光客が飛躍的に増えました

「爆買い」ならぬ「爆花見」に訪れた観光客も充分に楽しめたと思います

桜と一緒に写真を撮りたいために、枝垂れ桜の枝を自分の方に引き寄せ過ぎて
枝を折ってしまったり、花を一輪とったり・・・

マナーの悪さが目につきますが、母国では注意されず
当たり前になっていることもあるみたいですね

ツアーガイドさんや添乗員さんが前もって、よく注意喚起して欲しいものです




e0177271_14593319.jpg



いつまでも、この美しい姿を愉しむことができますように・・・






[PR]
by pintaro23 | 2016-04-07 07:40 | | Trackback

背割堤 桜のトンネル  @ 京都八幡市



京都府八幡市にある背割堤(せわりてい)の桜並木

「壮大! 圧巻!! こんなの初めて!!!」


e0177271_06503735.jpg


堤沿いに植えられた250本のソメイヨシノが見頃を迎えていました

毎年、桜の時期にニュースや新聞でその様子を見、「一度行ってみたい」と思っていました

取材のヘリが飛んでいて、昨日の夕刊に上空から見た写真が掲載されていました



e0177271_06513718.jpg



1.4kmの桜並木 どこまでも続く桜のトンネルの下を歩きました



e0177271_06505715.jpg



正式名称は、国営公園 淀川河川公園 背割堤地区 八幡桜まつり(無料)

4月1~10日  9~17時

京阪八幡市駅から徒歩10分
臨時駐車場 1000円



e0177271_06512856.jpg



川の流れをバックにしなだれかかる姿も美しい

桂川・宇治川・木津川が合流するこの地区に昭和8年に完成した「背割堤」

はじめは松並木だったそうですが、昭和53年
当時の建設省によって、ソメイヨシノが植えられたのだそうです




e0177271_06504394.jpg


京都府警察音楽隊による演奏&マーチングが披露されていました



e0177271_06511998.jpg


土手の下でお弁当を広げてお花見を楽しむ人々、走ったりボール遊びをする子供達

日曜日・月曜日は曇りのち雨という予報が出ていたので、
開園と同時に訪れる人の波、車列も凄かったです




e0177271_06510765.jpg


桜と緑のコントラストが心を和ませてくれます

時折、ハラハラと舞う薄ピンクの花びら



e0177271_06514677.jpg


花手鞠のようなソメイヨシノ



e0177271_06594621.jpg


太い幹から新芽が出、幹越しにのぞむ桜もいとをかし

来年はもっと大きな枝になっているね



e0177271_06504945.jpg
母の日 花 カーネーション
[PR]
by pintaro23 | 2016-04-03 07:53 | 京都 | Trackback

しだれ梅と椿祭り   京都 城南宮 sanpo



見事な満開のしだれ梅

城南宮の神苑は、降ってくるような梅花の芳香に包まれていました


e0177271_07474427.jpg


城南宮は方除(ほうよけ)神社として有名です
引っ越し・旅行・新築・新車購入の際のご祈祷等
方位を侵すことより生じる災厄から逃れさせて頂く神社です


我家も毎年、秋に参拝していますが、この日は七か所ある駐車場が満車状態になるほど
『しだれ梅と椿祭り』に訪れる人々で賑わっていました



e0177271_07483014.jpg


e0177271_07482070.jpg


今迄訪れたのは梅の時期ではなかったので、ここがどんな様子だったか・・・

たぶん緑の樹木や苔蒸す庭園だったのだと思います

季節が変わると、全く違った風情 ⇒ ★★



庭園の剪定やお世話をされる庭師さんのご苦労の賜物だと思います



e0177271_07475620.jpg


満開の薄紅色が浅い緑の苔によく映えます



e0177271_07490727.jpg


咲き競うように、白梅・紅梅も




e0177271_07484315.jpg


椿の花も多種あり、苔の上の落花と目を見張るしだれ梅の競演を愉しむことができました

12月から咲き始める椿は300本もあるそうで、既に見頃を終えた木もありました



e0177271_07493216.jpg


松の木ほどの高さになっている木もありました

一重・八重・斑入り・シャネルのカメリアのような花



e0177271_05362676.jpg



竹林の小径から、しだれ梅の華やかな姿を望むことができます

e0177271_07485356.jpg


何度も訪れている神社ですが、このように素晴らしい しだれ梅を見たのは
初めてでした

しだれ梅と椿の競演、圧巻でした


神苑 入苑料600円


e0177271_07473266.jpg



[PR]
by pintaro23 | 2016-03-01 05:38 | 京都 | Trackback


☆♪☆日々の暮らしを心地よく愉しむために☆♪☆


by Sabio

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
ごあいさつ
日々の暮らし
私の台所
私のお菓子
おもてなし


習い事
いただきもの
海外
お気に入り
フィギュアスケート
大阪
神戸 阪神間
京都
奈良
和歌山
三重
おでかけ
その他
SABIOのアトリエ

以前の記事

2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
more...

メモ帳

* リンクフリーです *



SABIOのアトリエ
レッスンのお問い合わせは、こちらからお願い致します☆☆☆ 



エキサイトブログCAFEに掲載して頂いています

新生姜の甘酢漬け

夏野菜のケーク・サレ

秋刀魚の二色揚げ 吹き寄せサラダ

秋の松花堂弁当

2016年 元旦の食卓

「和」のワンプレートごはん

エキサイトブログ 編集部おすすめ記事

お節料理リメイク スウィートポテト








ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


ナザレの旅行情報




このブログ内のすべての記事および画像・デザイン等の無断借用、転用は固くお断りいたします。

タグ

(217)
(165)
(121)
(94)
(83)
(64)
(63)
(56)
(49)
(43)
(39)
(38)
(27)
(27)
(25)
(22)
(18)
(17)
(16)
(14)

記事ランキング

ブログジャンル

主婦
グルメ

検索

ブログパーツ

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

画像一覧