カテゴリ:おでかけ( 47 )

諏訪大社



勇壮な『御柱祭』で有名な諏訪大社
全国に1万の分社があるといわれる諏訪大社の総本社
上社と下社に分かれていて、更に2社ずつの宮があります


e0177271_06451865.jpg



下諏訪には、諏訪大社下春宮と秋宮があり、
時間の関係上、春宮に参拝しました


e0177271_06453499.jpg



こじんまりとした静かな雰囲気の春宮

江戸時代、秋宮の立川流と春宮の大隈竜が技術を競い合って作った拝殿が見事



e0177271_06454552.jpg




御柱とは、諏訪大社社殿の四隅に建てられる御神木で、
祭の2-3年前から見立てが行われ、
前年に正式決定され伐採されるのだそうです

今年、4-6月にかけて御柱祭が執り行われたそうです



e0177271_06463767.jpg


諏訪大社上社本宮

社殿の周囲四隅には、御柱(おんばしら)と呼ばれる4本のモミの柱が建てられ、
7年目毎、寅と申の年に行われる御柱祭は有名です


e0177271_06465200.jpg



日曜日だったので多くの参拝者、七五三の参拝も見られました

こちらにも沢山の中国人観光客がいました
成田入国で、観光地を巡るのでしょうか?


e0177271_06462491.jpg



諏訪大社では御神紋として、穀(カジ)の木の葉をモチーフにした紋を使用しています

植物名としては、梶の木だそうです

梶の木は平安の時代から神聖な木とされ、神社の境内に植えられることが多く、
神事に用いられたり、供え物の敷物に使われたりしているのだそうです


e0177271_06455716.jpg


神紋や家紋、特に欧米人からは
It's cool (カッコイイ) と言われることが多いです


e0177271_06461477.jpg


11月6日 撮影




[PR]
by pintaro23 | 2016-12-10 06:45 | おでかけ

上質な時が流れる金子茶房


信州旅行の最終日
長野在住の友人夫妻と諏訪大社本宮上社 東鳥居前にある
とても素敵な 金子茶房 で待ち合わせ、ティータイム

夏の旅行をする前に教えてもらい、HPやブログを見て
是非訪れたかったのですが、時間がなくて夏は断念
今回、望みが叶いました


e0177271_18400576.jpg


器好きの方にはたまらないお店
好きなカップを選べます

コーヒー・ハーブティー・抹茶しかないので、紅茶派の私は
赤いハーブティー

カップはヘレンドの『バルコニーの春』を選びました


こちらのお店は、10才未満のお子様はお断りという大人の茶房です
高価な器を壊しては・・・親も冷や汗ものですからね
静かに流れる時を、周りでチョロチョロ、ワーワー騒がれては困ります


e0177271_18401964.jpg


友人は、ヘレンドの『インドの華』で
黄色のハーブティー

ハーブティーは、赤・黄・緑・白と紫のスムージーの5種類
ハーブのブレンドによって抽出される色別です

ご主人さまも同じカップで旬のコーヒー

夫は、ウエッジウッドの『コロンビアセージグリーン』で極上のコーヒー


e0177271_18403810.jpg



入口を入ると飲み物のオーダーをし、棚から好きなカップを選びます
1階にも客席はありますが、絶対2階がおススメです

天井が高く窓からは、遥かに八ヶ岳連峰を望むことができます


e0177271_06392252.jpg



ヨーロッパの名陶 マイセン・ヘレンド・ジノリ・ウエッジウッド・
コペン・ロイヤルアルバート・エルメス・アラビアetc.
日本のものもありました ノリタケ・大倉・有田焼
抹茶茶碗も数点あります


e0177271_06391077.jpg


こちらは、展示用みたいです

かなり目のお正月ができました

e0177271_18410875.jpg



エントランスにメニュースタンドが出ていますが、
コーヒー・ハーブティー 800円を見て、引き返す人多し(笑)

でも、コーヒーもハーブティーもポットサービスで2-3杯はあるので、
この素晴らしい空間でゆったり上質な時を過ごすには、決して高くないと思います


e0177271_18394705.jpg


東京オペラシティーの設計者が設計したスタイリッシュな外観

地元企業の日東光学が経営しているそうです
社長の奥様のプロデュースだとか・・・
ハイソでハイセンスな空間です


夏に白樺湖畔の別荘にお邪魔し、こんなに早く再会できるとは
思っておらず、短い時間でしたが夫婦でお会いできて良かったです



[PR]
by pintaro23 | 2016-12-04 06:55 | おでかけ | Trackback

信州でのお買い物


今回の信州旅行でも買い物は、お決まりのコース
たてしな自由農園 原村店 ⇒ スーパーTSURUYA に行きました
今回は、伊那福島店へ

野菜高騰の折、信州なら野菜が安いのではないかと期待していましたが、甘かった・・・

地場野菜のレタス他 高原野菜も高めだったし、ハウス栽培と思われる
トマトも高くて関西で買うのと変わらない値段でした


e0177271_06283488.jpg


りんごと柿は安かったので箱買い
『はなおけさ柿』という種類の柿は、初めてでした

新潟から取り寄せている柿なのかな?
関西で出回っている『平種』と似た感じで、もう少しサクサクした食感です



e0177271_06285077.jpg



夏にかなりTSURUYAで買い物をしたので、まだ残っている物もあり、
今回は少なめです

イタリア産のダイスカットトマトが安かったので、買いました
スープやソースに欠かせないので、常にストックしています

スーパーでは夫と別行動で、レジかごに商品を入れていきます
前回も夫が買っていた わさび漬け、好きなのか今回も買っていました




e0177271_06312808.jpg



手作りソーセージは、蓼科湖近くの
ハム・ソーセージ専門店 ザ・ババリアン・ペーターのもの

本場ドイツで修業し、1975年に蓼科で開業したそうです
試食させてもらったら、美味しかったので二種類購入
結構お高いです
真空パック詰めされ、グラム数で価格計算され
3‐5本入りが700-800円

添加物不使用で、テレビにも38回取材されたとかで
店内に写真がいっぱい貼ってありました


e0177271_06294138.jpg


山小屋風の店舗の裏庭には、木造りの豚の親子やリスがいて
店内入り口には、小さな足踏みオルガン、ステンドグラス
ドイツやスイスの村に来たような感じでした

e0177271_06292129.jpg
e0177271_06290879.jpg

[PR]
by pintaro23 | 2016-12-02 05:45 | おでかけ

保養所で舌鼓


蓼科にある夫の会社の保養所利用は、今回で3回目です
林を買い取って建てられた広大な敷地に建つ保養所は、
建築学会賞を獲ったハイセンスな造り


食事開始時刻は決まっていて、

夕食は一品ずつサービスされる懐石です


e0177271_20101308.jpg


前回訪れた時より更にグレードアップした感じ

お品書きも各テーブルに置かれていました

次郎柿を器に使っているのは、デザートではなく柿なます
梨と葡萄も入っていました

天ぷらは、お座敷天ぷらならぬホールで料理長が揚げて下さるアツアツをいただきます
エリンギに松茸が入ったすり身が乗せられた天ぷらと
茗荷の天ぷら
茗荷の天ぷら、初めてでしたがなかなか美味でした


イワナの塩焼きは竹筒に入れて・・・凝った演出です


e0177271_20102772.jpg


この時既に野菜が高騰していたので、色々な種類の野菜を食べて幸せ~

デザートは、いちじくの黒蜜煮 利休餡
丸ごと煮詰められたいちじくにゴマを使った餡がかかっていました


e0177271_20104424.jpg


私が勤めていた会社の保養所は、六甲山・琵琶湖・白浜の近畿圏にしかなく、
(まぁ、交通費が安くつき手軽で良かったですが・笑)
ここまで贅沢なお料理ではありませんでした

夫が勤務する会社は社員約3万人なので、いつも抽選です
GWや夏休み、連休に予約を取るのは至難の技
過去に何度も落選(涙)


e0177271_20094727.jpg


フロントや食堂のある棟と宿泊棟や大浴場は別の棟なので、
歩いて行かなければなりません

夏は涼しく清々しいので良いのですが、今回初めて秋に訪れ、
いちいち寒い中を歩かなければ行けないのは、
雨や雪になると足元が悪いしちょっと面倒かな
文句を言ってはいけませんが・・・


朝食は松花堂弁当と自由にセルフサービスで食べるパンとドリンク


e0177271_20092700.jpg



有り難い福利厚生施設、写真を見た友達は皆驚きます
こんなにリュクスなのはここだけで、あとの保養所は普通です

企業の社宅やグランド、保養所もバブル崩壊後どんどん売却され、
昔泊まった賢島の保養所はなくなりました

もうすぐ一回目の定年を迎える夫、二度目の定年までしっかり利用させて頂きます(*^^)v


e0177271_20194983.jpg


[PR]
by pintaro23 | 2016-11-26 07:30 | おでかけ

蓼科大滝


今回の信州旅行でも滝を目指してトレッキングをしました

夏に行った吐竜の滝より厳しいコースで、途中会った人はただ一人

その方も滝の撮影に来られていて、大きな三脚を岩に立てて
撮影中でした
女性カメラマン(ブロガー?)多いです


e0177271_10001804.jpg



木の根が地上に張って歩きにくい~

京都の鞍馬山もこんな感じの太い木の根がうねうね・・・を思い出しました

ドドーッ、ザーッと音がして、やっと蓼科大滝に出会いました


e0177271_10004775.jpg



夫は先へ先へ進んで、撮影に必死だし・・・

道に迷ったらどうしよう・・・と不安になりながら滑らないように歩く


e0177271_10010724.jpg



吐竜の滝では、「まさにマイナスイオンを浴びている」感が半端なくありましたが、

大きな石や岩を伝って歩くのが精いっぱいで、マイナスイオンを感じる余裕すら無し 008.gif


e0177271_10002993.jpg


復路は要領を掴み、しんどいながらも割とスイスイ

「運動した」という爽快感を久々に感じました

その後、足の調子がとても良くなり、軽やかに歩けるようになったのです


通っている鍼灸の先生によると、平坦なアスファルトや歩き慣れた場所では
使う筋肉がいつも同じで、使わない筋肉は歳と共に衰えてしまうらしい


石や岩、木の根、枯れ葉で
滑らないように、つまずかないように、足を上げバランスを
取りながら歩くので体幹を鍛えることが出来るらしい

普段使っていない筋肉を使うので良いらしいです





[PR]
by pintaro23 | 2016-11-24 07:40 | おでかけ | Trackback

水澄む蓼科湖


今回の旅行では蓼科にある保養所に泊まり、近くの蓼科湖に行きました

湖の周囲に遊歩道が整備され、紅葉黄葉した樹々を眺めながら散策しました


e0177271_17281946.jpg



湖畔ではもみじ祭が行われ、色づいた山の樹々

澄んだ湖面に映り、短い秋を惜しむ休日



e0177271_17283160.jpg



周囲1kmの人造湖

泳いでいた水鳥が急に飛び立ったり、舞い降りたり


e0177271_17284500.jpg



この日も快晴で、日中はダウンジャケットが要らないくらい暖かかった

朝晩は2-3度になるので紅葉もかなり進んでいました


e0177271_09245680.jpg



夏に訪れた時は、爽やかな緑の樹々の間を駆け抜けたビーナスラインは

黄色~金茶色に変わり、落葉を始めていました


11月5日 撮影

e0177271_17290050.jpg

[PR]
by pintaro23 | 2016-11-20 09:17 | おでかけ

信州の新蕎麦


信州旅行で食べた新蕎麦

奈良井宿にある 相模屋さん
挽きたての地粉を使った本格手打ち九割り蕎麦

しこしこと歯ごたえのある細目のお蕎麦、本当に美味でした

e0177271_18295862.jpg



今までも何度か信州でお蕎麦を食べていますが、なかなか「これっ!」という麺に
出会いませんでしたが、今回訪れた2軒はどちらも私達が求めていた蕎麦でした

私がいただいたのは、五平餅定食
盛り蕎麦に野菜の炊き合わせ+野沢菜漬け+五平餅が付きます
これが一番人気みたいです

かえしのつゆは、関西より少々醤油辛い感じ
関西はもう少し甘みがあります



e0177271_18301100.jpg



夫は、とろろざるそば

五平餅は味噌だれと黒胡麻たれを分け合って
米粒が残っている五平餅でした


江戸時代は漆塗りの櫛問屋をしていたという建屋をそのまま使用し、
当時を偲ばせる漆塗りの道具が飾られています

テーブル席が少しと小上がりの座敷、奥にかなりの人数が収容できる大広間があります



e0177271_18303273.jpg



夏の旅行の時もチェックしていた八ヶ岳の 傍(かたわら)という
カフェ風のお蕎麦屋さんでも美味しい蕎麦をいただきました


天ぷら&蕎麦のセット

オーナー夫妻が作られている無農薬野菜を使った前菜
関西では珍しいバターナッツ南瓜やビーツを使ったおばんさい


e0177271_19142219.jpg



お蕎麦はザル2枚で、黒蕎麦・白蕎麦を選べるそうですが、
ランチ終了間近にとびこんだので、黒蕎麦は品切れでした

揚げたての野菜と海老の天ぷら
ブロッコリー・人参・パセリ・大海老
天ぷらにする定番の野菜ではありませんが、サクサク・ふんわり、とても美味しかったです


e0177271_19143551.jpg


つゆは、2種類
定番のかえしつゆと季節のトマトつゆ

トマト・・・?と思いましたが、食べてみると爽やかでなかなかイケました
梅干しが入っているような酸味とまろやかさがあり、洋風+和風という感じです


e0177271_19145079.jpg



お蕎麦はとても冷たく、こしがあり1枚ずつ持って来てもらえます

蕎麦つゆの器もカフェ風
ドロッと下に溜まっているので、スコップ風のスプーンでかき混ぜます



e0177271_19150902.jpg



店内はカフェと見間違えるような造り
外のテラス席でもいただけます

蕎麦屋の概念を打ち破る、ネオ蕎麦屋さんですね

他にローストビーフ小丼&蕎麦のセットもあります


e0177271_19152233.jpg


八ヶ岳エコーライン沿い
百年以上前に建ったという蔵が目印です



[PR]
by pintaro23 | 2016-11-14 06:37 | おでかけ | Trackback

奈良井宿


木曽路の三大宿場町のひとつ、奈良井宿へ

信州旅行をする時は、いつも高速諏訪ICで下りますが、
今回は中津川ICで下りました



e0177271_18284688.jpg


中山道の宿場町 奈良井は、江戸時代
「奈良井千軒」と称され、木曽路で最も賑わった宿場町

街道には千本格子に出梁造りの建物が並びます


e0177271_18512498.jpg


時代劇に出てくるようなお店や旅館
旅館と言うより「旅籠」と呼ぶほうがしっくりくる店構え



e0177271_18285864.jpg


江戸時代にワープしたような街に、現在も普通の暮らしをする人々が
住んでいて、不思議な気がします


馬篭・妻籠より、こじんまりしていて観光客も少なめの静かな宿場町でした



e0177271_18291057.jpg


信州はもう寒いだろう・・・と厚着していましたが、
この日は快晴で日中18℃と暖かい散策日和でした


平成3年に架けられた『木曽の大橋』
樹齢300年以上の木曾ヒノキを使った太鼓橋

裏側に見える木組みが見事でした


e0177271_18292972.jpg




[PR]
by pintaro23 | 2016-11-10 06:34 | おでかけ | Trackback

晩秋の御射鹿池



秋の信州を旅しました

盛夏に訪れた御射鹿池は、黄葉した風景に変わっていました


e0177271_20234535.jpg


8月に訪れたときは、『緑響く』池畔でしたが

落葉松は黄葉し、白樺はすっかり葉を落として冬の準備に・・・





e0177271_20240105.jpg



「夕陽待ち」の撮影の方々が、三脚を立てて寒い中
シャッターチャンスを狙っておられました

夕陽が当たると黄葉が赤っぽく輝くのだそうです


e0177271_20232988.jpg


奥蓼科の気温はこの時、8℃

寒くて寒くて、『夕陽待ち』はできませんでした




【真田の郷長槍ベーコンセット】モニター募集!出光テクノマルシェ





[PR]
by pintaro23 | 2016-11-08 06:37 | おでかけ | Trackback

信州蕎麦 草笛


旅の最終日、「信州に来たら、お蕎麦でしょ!」ということで、
信州蕎麦の草笛 佐久店に行きました

信州に行く度に、何度かお蕎麦屋さんに行っていますが
なかなかコレ!というお蕎麦に出会いません


e0177271_15162673.jpg



最終日は朝から、吐竜の滝に行き
その後はお買い物巡りで、たてしな自由農園 ⇒ スーパーTSURUYA
スーパーTSURUYAみかげ店に行く為、かなりの走行距離(苦笑)

物珍しさで買い物にもかなり時間を要し、気が付けばランチタイム終了後で
夜の営業17時まで、小諸懐古園に行き時間つぶし('Д')


天ざるそばをお願いしました
蕎麦の量が大盛り?というくらいボリュームがあります

こちらの蕎麦は、七割蕎麦だそうで、
蕎麦打ちのブースもありました

思っていた信州蕎麦とは違い、つなぎの小麦粉が多いような気がしました
こちらの蕎麦のようなのを連想しているのですが・・・★★★
たかが蕎麦、されど蕎麦  奥が深いです


e0177271_15164026.jpg



有名人も大勢訪れているようで、サイン色紙を飾るガラスケースあり
宇宙飛行士のサインもありました  凄~い (^O^)/
人気のほどが窺えます


e0177271_15165310.jpg




[PR]
by pintaro23 | 2016-09-09 07:22 | おでかけ | Trackback


☆日々の暮らしを心地よく愉しむために☆


by Sabio

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
ごあいさつ
日々の暮らし
私の台所
私のお菓子
おもてなし


習い事
いただきもの
海外
お気に入り
フィギュアスケート
大阪
神戸 阪神間
京都
奈良
和歌山
三重
おでかけ
その他
SABIOのアトリエ

以前の記事

2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
more...

メモ帳

* リンクフリーです *



SABIOのアトリエ
レッスンのお問い合わせは、こちらからお願い致します☆☆☆ 



エキサイトブログCAFEに掲載して頂いています

新生姜の甘酢漬け

夏野菜のケーク・サレ

秋刀魚の二色揚げ 吹き寄せサラダ

秋の松花堂弁当

2016年 元旦の食卓

「和」のワンプレートごはん

エキサイトブログ 編集部おすすめ記事

お節料理リメイク スウィートポテト








ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


ナザレの旅行情報




このブログ内のすべての記事および画像・デザイン等の無断借用、転用は固くお断りいたします。

タグ

(195)
(147)
(101)
(85)
(71)
(61)
(57)
(49)
(42)
(39)
(38)
(37)
(27)
(25)
(22)
(19)
(18)
(16)
(15)
(14)

記事ランキング

ブログジャンル

主婦
グルメ

検索

ブログパーツ

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

画像一覧