季節のファー・ブルトン


フランス ブルターニュ地方の伝統菓子 ファー・ブルトンを焼きました

生クリームが残っていて使わなければいけなくて、
デコレーションのナッぺには足りないし、
ムース仕立てのガトーという気分ではなかったので、
簡単なファー・ブルトンに季節の果物をトッピング


e0177271_15015299.jpg



ファー ⇒ お粥
ブルトン ⇒ ブルターニュ地方の
で、元は簡素なミルク粥のような食べ物だったそうですが、
そこに砂糖や生クリームを足してお菓子にしたそうです

果物をonしたり、デコレーションするケーキではなく、
中にドライプラムやレーズンを入れて焼くだけの素朴なお菓子です






e0177271_15013657.jpg



以前、このケーキを焼いて友人とお茶会をした時、
「不思議な食感、今まで食べたことが無いケーキ」と言っていました

今回はドライブラムが無かったので、ドライマンゴーを
ヨーグルトに漬けておいて「お帰りマンゴー」(柔らかくなる)にして入れました


叔母宅になった甘夏+アメリカンチェリー+苺で
重くなったからか、生地がかなりへこんでいます(笑)

暑かったので、アイスティーを淹れました



e0177271_15014444.jpg



【覚書】
12cm デコ型

小麦粉 40g  砂糖 30g  生クリーム 100cc  牛乳 100cc
全卵 35g  塩 少々  バター 7g  ラム酒 適宜

180℃ 50分 焼成





ル・ノーブル◆これ1つで大活躍♪急須やポットが不要に?茶こし器付の英国製マグ
ル・ノーブル◆Roy Kirkham(ロイカーカム)





[PR]
by pintaro23 | 2017-05-17 06:23 | 私のお菓子


☆♪☆日々の暮らしを心地よく愉しむために☆♪☆


by Sabio

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
ごあいさつ
日々の暮らし
私の台所
私のお菓子
おもてなし


習い事
いただきもの
海外
お気に入り
フィギュアスケート
大阪
神戸 阪神間
京都
奈良
和歌山
三重
おでかけ
その他
SABIOのアトリエ

以前の記事

2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
more...

メモ帳

* リンクフリーです *



SABIOのアトリエ
レッスンのお問い合わせは、こちらからお願い致します☆☆☆ 



エキサイトブログCAFEに掲載して頂いています

新生姜の甘酢漬け

夏野菜のケーク・サレ

秋刀魚の二色揚げ 吹き寄せサラダ

秋の松花堂弁当

2016年 元旦の食卓

「和」のワンプレートごはん

エキサイトブログ 編集部おすすめ記事

お節料理リメイク スウィートポテト








ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


ナザレの旅行情報




このブログ内のすべての記事および画像・デザイン等の無断借用、転用は固くお断りいたします。

タグ

(207)
(157)
(118)
(88)
(75)
(62)
(58)
(49)
(47)
(42)
(39)
(38)
(27)
(27)
(25)
(21)
(18)
(17)
(15)
(14)

記事ランキング

ブログジャンル

主婦
グルメ

検索

ブログパーツ

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

画像一覧