桜花の水羊羹



今日は最高気温が19℃と春らしい暖かさになり、
近畿地方でも桜の開花宣言がありました


e0177271_16423096.jpg



粒餡と抹茶餡で桜花の水羊羹を作りました
抹茶餡には、更に抹茶を加え濃い目にしました

粉寒天で作るので、とても簡単にできます

苺を薄くスライスして小さな桜型で抜き、桜花の塩漬けを水出しして
上に乗せて苺リキュールを入れた寒天液で固めました



e0177271_16430533.jpg



スーパーで買った彼岸桜を飾りました

ソメイヨシノより小ぶりで、可愛いです



e0177271_16423908.jpg



昨年は、水羊羹に苺の淡雪羹を型抜きして乗せたのでした




明日は義妹との定例ランチなので、おもたせにします


お茶時間は、今年もこの時期限定で使う茶器で (^^)


e0177271_16425240.jpg



【覚書】

粒餡 200g  水 100cc  粉寒天 2g

抹茶餡 100g  水 40cc  粉寒天 1g  抹茶・熱湯 適宜

苺・苺リキュール 砂糖 適宜  水 50cc  粉寒天 1g




【テーブルマーク】新生活応援!パックごはん1ヶ月分プレゼントキャンペーン



[PR]
# by pintaro23 | 2017-03-30 18:05 | 私のお菓子

ベネツィアで見つけた素敵なもの


ベネツィア本島をぶらぶら街歩き


カーニバル時につける仮面のお店


e0177271_19061565.jpg



神秘的だけど、ちょっと怖いような・・・


e0177271_06441519.jpg




パッケージツアーに必ず含まれるベネツィアンガラス工房見学

三回目です(笑)
前回と同じ工房でした

見学の後、必ずお買い物タイムがありますが、
いいなぁと思うものは、とても高価だし、
この後の旅の行程の方が長く、割れてしまっては困るので「見てるだけ~」


e0177271_19060297.jpg



フリータイムが長いのと、買物をせずに散策&撮影するだけなので
今迄行かなかった・知らなかった所を歩きました

ベネツィア三度目にして初めて歩くエリア

フェニーチェ劇場近くのサン・マウリツィオ広場に骨董市が立っていました


e0177271_19063768.jpg



銀食器、写真立て、アクセサリー、置き物、
絵画 、古書、衣類や帽子、雑貨 etc.

アンティークは製造されてから100年以上経ったもの
それより新しい年代のものはプロカント

プロカントの方が多いのかもしれません


e0177271_19062595.jpg




細い路地にあったミニチュアのお店

興味がありましたが、夫がどんどん先に行ってしまうので
中には入らず、ショーウィンドウをジーッとガン見

ドールハウス風 本棚のミニチュアが色々
音楽家の部屋かな?

ほんわかメルヘンタイプのドールハウスではなく、
シックな大人の部屋という感じ


e0177271_06444496.jpg



リネンやレース製品を売るお店もあり、初めて訪れた時には
テーブルクロスやドイリーを買い、今も使っています

安い物は中国製だそうです


子供服もモード王国イタリアだけあり、オシャレ~~~
色使いはシックだけれど、リアルファーの襟がついてるゴージャス感


e0177271_06442982.jpg




インテリアショップのショーウィンドウ

ここにも入ってみたかったけれど、またまた夫はどんどん先へ

クリスマス前ということからか赤を基調にしたファブリック
東洋的な柄の物もありました

リースもシンプルだけど、存在感あり


目の保養をしながら、勉強になりました



e0177271_06445353.jpg


[PR]
# by pintaro23 | 2017-03-28 18:54 | 海外

シュクセ・オ・フレーズ


フレジエと同じくらい好きなケーキ
シュクセ・オ・フレーズ

e0177271_08360033.jpg



ケーキ教室で習ってから、春になると作っています

ビスキュイ・マカロンという生地を焼き、
たっぷりのカスタードクリームとホイップクリームで作った
クレーム・ディプロマットという贅沢なクリームに果物を乗せるガトーです

ケーキ屋さんの店頭に並んでいるのを見たことはありません



e0177271_08362617.jpg



昨年は応用編で、MUROISというガトーを作りました

こちらはクレーム・ディプロマットではなく、
フランボワーズのムースを流しました

生地とのコントラストがはっきりしていて、見映えがします





e0177271_08354563.jpg



苺を他のフルーツに変えれば、通年作れるガトーです


e0177271_08361484.jpg



【覚書】

15cm セルクル

[ビスキュイ・マカロン]
アーモンドプードル 50g  薄力粉 10g
砂糖 35g  卵白 2個

190℃ 15~20分焼成
アンビバージュ

卵黄 2個  砂糖 35g  牛乳 125cc
薄力粉 6g  コーンスターチ 6g
バニラビーンズ 1/3本  ゼラチン 2g
生クリーム 80cc  キルシュ  苺  粉糖  ナパージュ



【テーブルマーク】新生活応援!パックごはん1ヶ月分プレゼントキャンペーン



[PR]
# by pintaro23 | 2017-03-26 07:00 | 私のお菓子

ヴェネツィアの水上交通


昨冬のイタリア紀行を少しずつアップします


ベネツィアに到着したのは23時過ぎで、ホテルチェックイン後
部屋に入った頃には、次の日になっていました

関空⇒ルフトハンザでフランクフルト⇒7時間の乗り継ぎ待ち⇒ベネツィア
で、かなりお疲れ((+_+))

旅行=遊びなので、誰も文句ひとつ言わずに行動していますが、
27時間起きている
徹夜をしているようなものです(苦笑)


e0177271_16405837.jpg



世界遺産ベネツィアは118の小さな島々からなり、
ベネツィア本島は車の乗り入れが禁止です
車が入れない狭い路地が多く、運河に架かる小さな橋も多いので
物理的に車は往来できません


交通手段は、水上バス(ヴァポレット)・水上タクシー(モトスカーフィ)・
そして、ベネツィアの象徴とも言えるゴンドラです



e0177271_16404726.jpg



大運河のほぼ中央にあるリアルト橋

建造時は木造りだったそうです
現在は大理石の美しいアーチを描き、撮影スポットになっています



e0177271_16403919.jpg


e0177271_20122244.jpg


この大き目の船が水上バス
主に住民の交通手段になっているようです



e0177271_16411531.jpg



ベネツィアは潟に無数の杭を打ち込んでできた街
杭は海水に強い松の木だそうです




e0177271_16412342.jpg



モーターボートのような小さめの船が、水上タクシー
私達も空港から船着き場に到着し、水上タクシーでベネツィア本島まで来ました
10名ほど乗れ、荷物は別便で届きました



e0177271_20123463.jpg



「ベネツィアに来たら、ゴンドラ」
が、お約束になっていますが、一艘(6人まで)の料金は結構お高いです

過去2回もパックツアーに含まれていたので、料金など気にせず乗りましたが、
40分 €80(約¥10600),60分 €120(約¥16000)です

乗り場所によってルートが違うそうです
小運河は波もなく、建物を見ながらスイスイ~ッと良い気分
大運河に出ると、波があり少々怖い所もありました

今回は漕ぎ手のゴンドリエだけでしたが、
アコーディオンの伴奏付きで、カンツォーネを歌うゴンドリエが乗ると
更にプラス料金

初めての時は、カンツォーネ付きでした



e0177271_20124334.jpg


[PR]
# by pintaro23 | 2017-03-24 06:48 | 海外

糖質カットピザ


ダイエットの敵ですが、ピザを無性に食べたくなる時があります

明治の冷凍 ピザ生地糖質50%off サラミとオリーブのピザ
のモニターをさせて頂くことになり、
早速いただきました


e0177271_17181341.jpg



24パック冷凍便がドーンと届き、入る分は冷凍庫に入れ、
あとは、かかりつけの整体院や同じマンションの友人、美容院に配りました
女性に嬉しい商品なので、整体院の受付さんやスタッフの女性陣に


e0177271_10512789.jpg


小麦粉の一部を、難消化性でん粉、小麦たん白、大豆粉に
 置き換えた特製生地で糖質を50%offという嬉しいピザ


感想は・・・皆さんだいたい同じで

・糖質カットが嬉しい
・小さめ食べきりサイズなので、主婦の昼食に丁度良い
・レンジアップ3分30秒で出来上がりなので、すぐ食べられるのが良い
(オーブントースターでは8分)
・付属の紙皿ごとレンジアップできるので、お皿を汚さずに食べられる



e0177271_10511176.jpg


・パッケージの写真より具が少なめ
というシビアな意見もありましたが(笑)、まぁこんなものでしょう

私は、ベーコンとピーマン、溶けるチーズを更に加えて焼きました

ピザ生地が薄目で、トマトソースが美味しく、ペロッと一枚完食



e0177271_17183471.jpg



8時間ダイエットはずっと継続中
17時前に野菜たっぷりのサラダと
オレンジ酎ハイ半分で、本日の食事は全て終了


世界中の人に「人生最後に食べたいもの」を質問すると
第1位は、ピザなのだそうです

日本人は、おむすびとかおふくろの味とか・・・
贅沢な食べ物ではなく、食べ慣れた素朴な味のようです
外国人にとっては、ピザがそれに当たるのかな?



明治の冷食ファンサイト参加中



[PR]
# by pintaro23 | 2017-03-22 06:11 | いただきもの


☆日々の暮らしを心地よく愉しむために☆


by Sabio

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
ごあいさつ
日々の暮らし
私の台所
私のお菓子
おもてなし


習い事
いただきもの
海外
お気に入り
フィギュアスケート
大阪
神戸 阪神間
京都
奈良
和歌山
三重
おでかけ
その他
SABIOのアトリエ

以前の記事

2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
more...

メモ帳

* リンクフリーです *



SABIOのアトリエ
レッスンのお問い合わせは、こちらからお願い致します☆☆☆ 



エキサイトブログCAFEに掲載して頂いています

新生姜の甘酢漬け

夏野菜のケーク・サレ

秋刀魚の二色揚げ 吹き寄せサラダ

秋の松花堂弁当

2016年 元旦の食卓

「和」のワンプレートごはん

エキサイトブログ 編集部おすすめ記事

お節料理リメイク スウィートポテト








ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


ナザレの旅行情報




このブログ内のすべての記事および画像・デザイン等の無断借用、転用は固くお断りいたします。

タグ

(195)
(147)
(101)
(85)
(71)
(61)
(57)
(49)
(42)
(39)
(38)
(37)
(27)
(25)
(22)
(19)
(18)
(16)
(15)
(14)

記事ランキング

ブログジャンル

主婦
グルメ

検索

ブログパーツ

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

画像一覧