「ほっ」と。キャンペーン

今夜はイタメシ


イタメシ(イタ飯)という言葉
バブル全盛期、イタリアブームになりイタリア料理をさす言葉になったけれど、
今の10~20歳代の若者には解らないらしい

私はイタメシ世代(笑)

夕食は殆ど和食ですが、イタリア旅行で買ってきた食材を使いイタメシ


e0177271_10341097.jpg



前菜プレート

モン・マルシェさんの赤唐辛子入りピリ辛ツナを使って、パプリカ&南瓜のマリネ
パプリカはグリルで焦げるまで焼いて皮をむきます
柔らかく甘みが出てマリネに最適

南瓜はレンジアップ

ツナ缶のオイルも入れて、塩を少しして、マリネするだけ
良い味が出て、美味しい

おいしい健康のモンマルシェファンサイト参加中




e0177271_10345817.jpg



トリュフ入りチーズ
黒く見えるのが刻んだトリュフです

鰆のグリル トマトソース
ケイパーを加え、味のアクセントに


e0177271_10351052.jpg



大根・人参・胡瓜・トマトのピクルス

ワインビネガーが無かったので、
白ワイン+千鳥酢+水+きび砂糖をゆっくり沸騰させ、漬け液を作る

ローリエ・粒コショウを入れて冷蔵保存

トマトは爪楊枝で数ヵ所穴をあけ、液が濁るので別瓶に漬ける



e0177271_10342136.jpg



ポルチーニ茸とカラスミのパスタ

乾燥ポルチーニを買ってきたので、戻して使う
西洋松茸と呼ばれる高級品だけれど、普通にスーパーや食料品店に
並んでいて、嘘みたいに安い
日本で買うとお高いのに・・・

カラスミも日本価格より安かったので、旅先でついつい買ってしまった


e0177271_10344911.jpg


ポルチーニ茸の戻し汁を少し加えたので、茶色っぽい
松茸と同様、洗わないそうで、土がついていたりするので
戻し汁の中で汚れを取り、茶こしで漉します

カラスミをチーズ卸しで粒状にしたけれど、
卸し器に残ったカラスミを落とすのが大変だった

ポルチーニオイルも買ったので、仕上げに少しだけ振る
ほのかに香って、buono!


e0177271_10343288.jpg



なかなかイタリア旅行記にとりかかれませんが、
早くしないと忘れてしまいそう
夫はマイペースで進んでいます ⇒ 



膝に痛みがある方へのアンケート



[PR]
# by pintaro23 | 2017-02-19 19:41 | 私の台所

ホテルモントレグラスミア @エスカーレ


新年会2回目、マンションの仲良し奥様との恒例のランチミーティングは、
ホテルモントレーグラスミア 22階 レストラン エスカーレ


1月に義妹と行った梅田のホテルモントレーと同じホテルチェーンですが、
こちらは更にグレートアップした格調高い雰囲気&お料理でした

難波には滅多に行かず、しかも高島屋方面にしか行かないので
今回、初めて行くエリアでした


一休comより予約


見目麗しく、手の込んだ前菜プレート

e0177271_11294649.jpg


(画像編集の都合で、一部順不同)

・肉類のパテパイ包み焼き、西洋ワサビクリーム
・軽くスモークした白身魚のリエット、スパイシーメルバトーストと生ハムのクリスピー添え
・小エビのカダイフ巻きバジル風味、トマトソース
・野菜と豆類のピクルス
・リーフのサラダ添え、山葵マヨネーズソース


スターターは、スモークサーモンとオレンジでした

e0177271_11312285.jpg


カブラのクリームスープ 抹茶ミルクの泡と共に

抹茶ミルクの泡泡の下に蕪のスープが隠れていました
抹茶の味は殆どしませんでしたが、ちょっとサプライズ感があります



鯛のポワレ ニョッキ

e0177271_11282966.jpg


南瓜のクリームソースだったかな?
熱々のポワレにソース、じゃが芋のニョッキ、とても美味
西洋料理はソースが決め手となりますが、家で本格的なソースの
味を出すのは非常に難しいです

でも、盛り付けだけでも参考にしたいわ

淡い色のお料理と黒いプレート、相乗効果あり



肉料理は三種類からセレクトでき、私が選んだのは
牛フィレ肉と牛肉の煮込み フォワグラの湯葉包み焼き 赤ワインソース

e0177271_11283992.jpg


とても手の込んだ一品です
家で作るのは、まず無理
食べながら、ふたりで「幸せ~」と顔がほころぶ



友人が選んだのは、
リードヴォーのムニエルと大根の煮込み、ブルーチーズと麹味噌ソース

e0177271_11285574.jpg



リードヴォーとは仔牛の胸腺の肉だそうで、弾力があり、
ブルーチーズと麹味噌ソースは、初めて食べる味だったそうです

これも素材的に家で作るのは到底無理




デザート盛り合わせも4種類から選び、

私が選んだのは、
アールグレイブリュレのタルト バニラアイスクリーム 文旦

タルトの上にアールグレイのブリュレが乗っています

e0177271_11290976.jpg



友人は、チーズケーキ

横から撮った写真

e0177271_11292021.jpg




パンも適度に温められ美味しくて、おかわりしました
パンをクリーミーなスープで食べるのが大好き!

e0177271_11293119.jpg




欧州各地より集められたアンティークやアートが随所に配され、
テーブル間もゆったりとしており、落ち着いた雰囲気を醸し出していました

ウェイティングルームが別にあり、ドリンクが用意されています

e0177271_11301616.jpg



窓一面に広がる大阪市街の眺望
神戸育ちの私は、山が北・海が南という地理感覚なので、
眼下に広がる景色を見ても、どちらが北なのか判りませんが、
大阪市内出身の友人は、実家に帰る時も車なので、道路を見て判断できるそうです
凄いわ~

ちなみに、ダイニングから見たこの景色は、
北方面だそうです

e0177271_11300510.jpg


夜景は、より一層きれいでしょう

眺望もご馳走な贅沢ランチ、再訪したいと思うレストランでした



[PR]
# by pintaro23 | 2017-02-18 07:24 | 大阪

高級ツナ缶を使って


モン・マルシェさんの『オーシャンプリンセス ホワイトツナ缶』の
モニターをさせて頂くことになり、早速お料理を作ってみました


e0177271_17230860.jpg


休日の朝食

綿実油漬けのホワイトツナを使い
・オープンサンド
・ツナチーズトースト

トーストパンは、タカキベーカリーさんの
ほうれん草とチーズの食パンです
生地に、ほうれん草が練り込まれています

溶けているチーズは、フィレンツェ郊外で買ったトリュフ入りチーズ
小さく刻んだトリュフが入っていて、風味がします


e0177271_17221163.jpg



寒い日が続いていたので、クラムチャウダーを煮込んでいました
玉ねぎ嫌いの夫の為、甘くて美味しい玉ねぎを入れず
大根・人参・しめじ・あさり・ブロッコリーを入れました

マイルドなツナは、朝の食卓によく合います
翌日の朝食は、ツナ&ほうれん草を炒めてスクランブルエッグ


e0177271_17224858.jpg



ツナ缶は癖が無く、和洋中とお料理の幅が広く、パンにもご飯にも合いますね
サラダにそのままでも使えるし、和え物や炒め物、コロッケの具etc.
と幅広く使えるので常備しています


モニターさせて頂くのは、
・綿実油
・オリーブオイル
・水煮フレーク
・赤唐辛子入りピリ辛

三陸沖で釣り上げられた「一本釣り夏びん長まぐろ」を
綿実油・EXVオリーブオイルで漬け込んだ
固形タイプの「ソリッド」・ほぐした「フレーク」
魚本来の味を楽しめる「水煮」


e0177271_17223467.jpg


あっさりした水煮ツナは、菜の花の卵とじに

ツナの旨味が出ているお汁も一緒に加え、
薄口醤油と味醂を加えて味を調えました



e0177271_18432838.jpg




ツナと蓮根バーグ

TVの健康番組で知った、花粉症に効くレンコンを皮ごとすり卸し、
(皮の部分に免疫力向上の栄養が含まれているそうです)
おからパウター+ツナ水煮+塩コショウ

パン粉をまぶして、コロッケのように揚げても良いのですが、
カロリーを抑えるために多めの油で焼きました

蓮根の灰汁が出るので、イワシのつみれのような色ですが、
もっちりして和風な感じのお惣菜で、美味です
辛子醤油でいただきました


e0177271_17233218.jpg



オリーブオイル漬け、赤唐辛子入りピリ辛ツナのお料理は次回へ・・・







[PR]
# by pintaro23 | 2017-02-16 08:32 | 私の台所

チョコレート事情


今日はヴァレンタインデー

ときめきemoticon-0152-heart.gifは、いずこへ(爆)

今、ときめくのは、男子フィギュア 宇野昌磨選手を観る時くらいか・・・
今週、ピョンチャン五輪会場で行われる四大陸選手権、頑張れ~~~
おばちゃん、TVに釘付け (@_@)


e0177271_19071756.jpg



戴き物のストロベリーフィナンシェ、❤型がキュートです

ウィーンのスーパーで買ったリンツのミニアソートチョコ
おもてなしのデザートにも大活躍



e0177271_19072838.jpg



昨年12月、復路のフランクフルトの空港で買ったGODIVAのアソートチョコレート

30%offだったので買った 38.5€ ⇒ 26.9€(約¥3600)

往路で見た免税店では半額だった

往路の乗り継ぎエリアと復路のエリアは違うみたいで、
買う気満々だったのがテンション下がる小市民 (*_*)



e0177271_19073727.jpg



日本のGODIVAでは見かけない種類
割引きになっているので、賞味期限が近いのかと見たら5月5日で
超お買い得だった

やはり、海外でも高価なので売れないのかな~?


e0177271_19080618.jpg



昔、英国土産に戴いたSpodeのミニミニプレートセット
シノワズリーな柄や英国らいし柄が一枚ずつ違う6枚組

名窯Spodeも経営破綻してしまい、ポートメリオン社に吸収された


e0177271_19075338.jpg



平素、休日夫のおやつは国産チョコ+おかき

私もおかきが好き
特に色々な種類が食べられる小倉山荘の『をぐら山春秋』


ポッキー9袋セットが入っていた箱に、おやつセットを入れて渡す
これで充分 emoticon-0148-yes.gif

名窯のプレートでないところがミソ ((´∀`*))ククククッ


「明治のチョコレート、美味しいと思うわ~」と友人も言っていた
彼女がご主人に買ったヴァレンタイン用は、グラマシーニューヨークのお高いチョコ

「主人にはもったいないから、殆ど自分で食べるわ」と言い切った(笑)

いずこも同じ emoticon-0136-giggle.gif




ハッとする美味しさがギュ!甘みと酸味が絶妙★屋久島産たんかん3kg★ ←参加中
屋久島スタイルオンライン/たんかん「秀」3kg



[PR]
# by pintaro23 | 2017-02-14 18:00 |

Sweet Valentine's Cake


日曜日のティータイム

自作のケーキで一足早いヴァレンタインデー


e0177271_14125159.jpg



夫は大のチョコレート好き

私は別に好きでも嫌いでもないけれど、
自分では滅多にチョコレートを使ったケーキは選ばない

でも、今日の主役は夫ということで・・・


e0177271_14120649.jpg



今年も世間はチョコレート狂想曲emoticon-0159-music.gifっぽい過熱ぶり

「イタリア旅行で買ってきたチョコでいいか」と思ったりしたけれど(笑)
どうせ作るなら、お店のようなケーキにしようと
チョコと苺のケーキを作ったわけです


e0177271_14124096.jpg



「パリ発! サダハル・アオキのフランス菓子」に載っていたケーキをアレンジし、
ダックワーズ生地を焼いてチョコクリームを作り、苺をサンドしました



e0177271_14121938.jpg



ダックワーズは粉糖をかけて焼くのですが、泣かない(溶けない)粉糖しかなくて
焼き上がりがちょっとイマイチ(まぁ、夫はそんな事に気づかないし)

仕上げにフリーズドライ苺パウダーをかけて、よりキュートに


e0177271_14122837.jpg


【覚書】

(上)12cm (下)15センチ  

アーモンドプードル 70g  粉糖 50g ⇒混ぜてふるう 
砂糖 30g  卵白 70g ⇒メレンゲ 
粉糖 フリーズドライ苺パウダー 適宜

160℃  20分 焼成

生クリーム(沸騰) 60cc  クーベルチュールチョコ 85g
生クリーム 100cc




[PR]
# by pintaro23 | 2017-02-12 17:26 | 私のお菓子


☆日々の暮らしを心地よく愉しむために☆


by Sabio

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28

カテゴリ

全体
ごあいさつ
日々の暮らし
私の台所
私のお菓子
おもてなし


習い事
いただきもの
お気に入り
海外
大阪
神戸 阪神間
京都
奈良
和歌山
三重
おでかけ
その他
SABIOのアトリエ

以前の記事

2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
more...

メモ帳

* リンクフリーです *



SABIOのアトリエ
レッスンのお問い合わせは、こちらからお願い致します☆☆☆ 



エキサイトブログCAFEに掲載して頂いています

新生姜の甘酢漬け

夏野菜のケーク・サレ

秋刀魚の二色揚げ 吹き寄せサラダ

秋の松花堂弁当

2016年 元旦の食卓

「和」のワンプレートごはん

エキサイトブログ 編集部おすすめ記事

お節料理リメイク スウィートポテト








ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


ナザレの旅行情報




このブログ内のすべての記事および画像・デザイン等の無断借用、転用は固くお断りいたします。

タグ

(189)
(140)
(98)
(85)
(68)
(55)
(55)
(49)
(42)
(39)
(37)
(37)
(27)
(25)
(18)
(18)
(18)
(15)
(15)
(14)

記事ランキング

ブログジャンル

主婦
グルメ

検索

ブログパーツ

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

画像一覧