べルヴェデーレ宮殿


シェーンブルン宮殿を後にし、ウィーン旧市街をざっとバスで回り
ガイドさんから説明を受けた後、解散、フリータイム

クリムトの『接吻』が展示されているべルヴェデーレ宮殿に向かいました

トルコ軍からウィーンを救った
英雄 プリンス・オイゲン公の夏の離宮


e0177271_21185251.jpg



21年前にも訪れましたが、外からの写真撮影のみで中には入らずでした

今回は是非『接吻』を観たかったので、トラムに乗って向かいました


宮殿は上宮と下宮に分かれており、上宮内にある美術館へ

歴史ある宮殿内の美術館には、グスタフ・クリムトやエゴン・シーレなどの
オーストリアを代表する画家の作品以外に、モネ・マネ・ゴッホ等
印象派の作品が多数展示されていました

館内は撮影禁止


e0177271_12041288.jpg


神々しく輝く金箔に繊細な花模様のモザイク、
官能的、幻想的なこの絵画はオーラを放っていました


e0177271_21181617.jpg



夫と離れ、庭園を眺めていると、ポルトガルから来たというカップルに写真撮影を頼まれました

「5年前にポルトガルに行った」と言うと「どこから来たの?」と聞かれたので
「日本よ。行ったことある?」と尋ねると「まだ、無い。」と言っていました

ヨーロッパは陸続きだから、私達が国内旅行をする感覚で
欧州諸国に行けるのでいいなぁ~と、羨ましく思います。



e0177271_21183874.jpg


ここにも小さなクリスマス市がありました

トラムに乗り、オペラ座まで戻りました


[PR]
# by pintaro23 | 2016-09-29 06:22 | 海外 | Trackback

こんなものにまでキャラクター


9月になると、店頭には早やハロウィン商品が並び、
今週末には10月になって今年も残り3か月

早過ぎる~~~ emoticon-0107-sweating.gif


e0177271_10314800.jpg



くまモンのトイレットペーパー
先月末にオープンした近所のドラッグストアで買いました

こういうキャラクターものの商品はまず買わないのですが、
なんと! 12ロール入りが198円也

薄いピンク色でイチゴの香り付き

売り上げの内、5円を熊本大地震の義援金に寄付するというシールが貼ってありました


e0177271_10320181.jpg



ハロウィン仕様のトイレットペーパー
家電量販店のポイント会員限定 12ロール入り150円也

しかも3枚重ね!

ガチャピン柄
子供がいないので、ガチャピンをよく知らないんですけど・・・
激安だし、まぁ、いいかっ (*^^)v





[PR]
# by pintaro23 | 2016-09-27 07:32 | 日々の暮らし | Trackback

九州の美味しいもの



お彼岸が過ぎ、かなりしのぎ易くなりました
朝は特に涼しいので、温かい飲み物が欲しくなります

休日の朝、福岡の叔母から届いた福砂屋のカステラとミルクティでモーニング


e0177271_08581129.jpg



カステラの底部分のザラメ
長崎県民にとって、このザラメがないカステラは物足りなくて、
「カステラ」とは呼べないらしいです

ジャリジャリして、私はあっても無くてもどちらでも良いんですけど(笑)


先日テレビで、「長崎県民はとにかく、料理にも砂糖をいっぱい使う」と言っていました
ポテトサラダや皿うどんのあんかけにも、結構大量の砂糖を入れていて、ビックリ



e0177271_08580097.jpg



老舗 福砂屋の黄色い包装紙、昔から変わりませんね

デパ地下には必ずと言ってよいほど出店していますが、
実店舗は、長崎本店・東京赤坂・福岡赤坂だけみたいです


e0177271_08582417.jpg



初めて知った福岡県うきは市の『吉井素麺』
吉井の美味しい水で水車製法によって、江戸時代から手作りの素麺造りが行われてきたそうです
揖保乃糸や三輪素麺より倍近く長いです

素麺好きの夫には、嬉しい美味しいもの
我家では寒くなると、にゅう麺にしていだだきます


茅乃舎だしも福岡です
最近は、デパートやグランフロントでも入手することができるようになりました

天然素材だけを使い、添加物の無い安心なお出汁
お出汁だけいただいても充分美味しく、高いだけの価値はあります

だだし、我が家で使うのは和風だしだけ

以前、野菜だしを戴き使ったところ・・・
玉ねぎ嫌いの夫は鋭く玉ねぎの風味を察知し、スープや洋風だしを拒否 emoticon-0127-lipssealed.gif
仕方なく義妹に使ってもらいました


e0177271_08574630.jpg


美味しいものをありがとう (^.^)/~~~





足首からふくらはぎまでキュッと脚すっきり。シャルレのハードサポートソックスカタログお取り寄せはこちら






[PR]
# by pintaro23 | 2016-09-25 09:41 | いただきもの | Trackback

シェーンブルン宮殿



いよいよ中欧旅行最後の都市 ウィーンにやって来ました
ウィーンは関空が開港した年に来て以来、21年ぶりです

まずは、シェーンブルン宮殿から

「美しい泉」を意味するシェーンブルン

e0177271_07235436.jpg



この日は曇天で、マリアテレジアイエローをした宮殿の外壁が綺麗に
見えなかったのが、とても残念です

宮殿の前にはクリスマス市が立っていて、この近くのホテルに泊まっていたので
「夜はここでクリスマス市を楽しみながら、夕食を食べよう」と
夫と相談していました



e0177271_07233149.jpg



幼稚園児のお散歩かな?
クリスマス市の中にはウサギ小屋があり、楽しそうに声をあげていました

こんなに素晴らしい世界遺産を身近に感じられる子供達が羨ましいです



e0177271_07234363.jpg



宮殿の裏に広がる広大な庭園も必見です

動物園や大温室、「ネプチューンの泉」と呼ばれる大噴水があり、
ハブスブルグ家の栄華を窺い知ることができます


e0177271_06405195.jpg



集合時間が迫っているので、遠くまで行けないのが残念でした



e0177271_18294664.jpg



以前訪れた時には宮殿内部の撮影はストロボ無しで許可されていましたが、
今回は禁止だったので、21年前に買った絵ハガキで一部をお見せします

宮殿内には1441もの部屋があり、一般公開されているのは40部屋

優美なロココ調で装飾されており、ボヘミアンガラスのシャンデリアや
フレスコ画、金箔を施した漆喰装飾に目を奪われます


当時、ヨーロッパ諸国で勢力争いをする国の子息・子女との政略結婚

女帝マリアテレジア、皇女エリザベート、皇帝フランクヨーゼフが
暮らした宮廷文化に触れることができます


e0177271_18295939.jpg



これも絵ハガキです


我家の海外旅行は、夫が長期休暇をとれる晩秋~冬に限られているので
花が咲き乱れる季節には訪れることが出来ません


花咲く季節で好天ならば、こんなに綺麗


e0177271_18301293.jpg




******************************************


『暮らしノート』
「初秋のお出かけ、どこへ行く? 秋を感じるスポットならここがおすすめ!」

に、昨秋のシルバーウィークに訪れた 京都府亀岡市 の「満開の彼岸花」
の記事を掲載して頂いています ⇒ ★★★


e0177271_20503809.jpg



感動的に美しい彼岸花の群生と出会えますよ!
今年も、今が見頃だと思います

ご紹介頂きましたエキサイトブログ編集部様、ありがとうございました




[PR]
# by pintaro23 | 2016-09-23 07:01 | 海外 | Trackback

メルク修道院


チェコのチェスキークルムロフを出発して、いよいよオーストリアへ

ヴァッハウ渓谷にあるメルク修道院に行きました

ヴァッハウ渓谷のメルク~クレムスまでが世界遺産に指定されています


e0177271_17463165.jpg



修道院と言うと、質素で素朴なイメージが私の中にはありました
北海道のトラピスト修道院・ブルージュ(ベルギー)のベギン修道院・フランスのモンサンミシェル

メルク修道院は修道院のイメージを覆す絢爛豪華な外観&内部でした

ジェロニモス修道院(ポルトガル)も豪華でしたが、ここまでではありませんでした



e0177271_17444865.jpg



マリーアントワネットがフランスのルイ16世に嫁ぐ際、立ち寄り一泊したそうです

ウィーンのシェーンブルン宮殿の外壁の色に似ている
マリアテレジアイエローの壁


e0177271_17472127.jpg


中庭には噴水がありますが、冬季は凍結する為、木製の蓋がかぶされています

春夏なら噴水が、より一層華やかに演出するでしょうね



e0177271_17461648.jpg


修道院の歴史説明や美術品が並ぶ展示室棟があり、そこはまるで
万博のパビリオンのように現代的で、ビックリ(@_@)

10万冊の蔵書を納めた図書館もありました
古ぼけて雑然と並ぶのではなく、整然と威厳を放つかのような
巨大図書館には、天井画や装飾までありました


どこまでお金をかけているのでしょう!

11世紀、建立したバーべンベルク家のレオポルト1世が
かなりの富豪だったのでしょうね

今まで数々の教会を観てきましたが、絢爛豪華さの規模はここがNO.1です



e0177271_17451740.jpg

『バロックの宝庫』と呼ばれるだけあり、
大きな礼拝堂は、まばゆいばかり


e0177271_17450487.jpg


見学コースを進むと、オシャレな螺旋階段

大理石の間の天井にもフレスコ画


e0177271_17473455.jpg



テラスに出ると、メルクの街やドナウ川本流に向かうメルク川が見えます

周辺は牧草地帯、畑や林が多いのどかな田舎でした



e0177271_17454644.jpg



展示室にあったメルク修道院の模型

礼拝堂・図書館・展示室・寄宿舎等々、巨大であるのが解ります


e0177271_17455948.jpg


若いガイドさんは大学で日本語を学んだそうで、とても流暢な日本語で説明して下さいました

ウィーンからは電車で70-80分、ドナウ川クルーズ(4-10月)もあるみたいです

見応えがあり、お薦めです!



[PR]
# by pintaro23 | 2016-09-21 08:41 | 海外 | Trackback


☆日々の暮らしを心地よく愉しむために☆


by Sabio

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
ごあいさつ
日々の暮らし
私の台所
私のお菓子
おもてなし


習い事
いただきもの
お気に入り
海外
大阪
神戸 阪神間
京都
奈良
和歌山
三重
おでかけ
その他
SABIOのアトリエ

以前の記事

2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
more...

メモ帳

* リンクフリーです *



SABIOのアトリエ
レッスンのお問い合わせは、こちらからお願い致します☆☆☆ 



エキサイトブログCAFEに掲載して頂いています

新生姜の甘酢漬け

夏野菜のケーク・サレ

秋刀魚の二色揚げ 吹き寄せサラダ

秋の松花堂弁当

2016年 元旦の食卓

「和」のワンプレートごはん

エキサイトブログ 編集部おすすめ記事










ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


ナザレの旅行情報




このブログ内のすべての記事および画像・デザイン等の無断借用、転用は固くお断りいたします。

タグ

(173)
(130)
(90)
(78)
(58)
(47)
(45)
(41)
(40)
(39)
(37)
(31)
(23)
(23)
(19)
(18)
(17)
(15)
(13)
(12)
(11)
(10)
(8)
(8)
(7)
(5)
(4)
(2)

記事ランキング

ブログジャンル

主婦
グルメ

検索

ブログパーツ

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

画像一覧